FANDOM


オンドゥル語( - ご)は、インターネットスラングの一つ。「テレビドラマ『仮面ライダー剣』の登場人物が使用する言語」[1]として、インターネット上で創出された。

なお、本項では混乱回避のため、オンドゥル語を利用するファンを便宜的に「一部のファン」と表記する。また、「オンドゥル語」の定義や範囲は個人によって異なるため、本項で紹介されているものはあくまでも「一部のファンからオンドゥル語と呼ばれている台詞」という位置づけであり、万人にオンドゥル語として認められているとは言えない。

概要 編集

テレビドラマ『仮面ライダー剣』で主人公が発した滑舌の悪い台詞回しを元にして、一部のファンが遊びで考え出した空耳ネタ(聞き取りづらい台詞を、耳に聞こえた通りに書き記し、それをオンドゥル語と名付けたもの)。従って、『仮面ライダークウガ』におけるグロンギ語のような公式設定ではない

また、『仮面ライダー剣』とは無関係の作品でも、聞き取りにくい言葉はオンドゥル語と呼ばれることもある。なおオンドゥル語の表記には半角カナを使うことが多い[1]

由来 編集

オンドゥル語遊びの発端およびその名前の由来は、『仮面ライダー剣』第1話で、主人公の剣崎一真(仮面ライダーブレイド)が先輩の橘朔也(仮面ライダーギャレン)に対して言った「本当に裏切ったんですか!?」という台詞が、滑舌が悪かったため視聴者の多くには「オンドゥルルラギッタンディスカー!?」と聞こえた事にある[1]。これがまず「Livedoor したらば掲示板」で、次いで匿名掲示板大手の2ちゃんねるで面白がられ、インターネットコミュニティに広がった。

この台詞のほか、第3話での橘の台詞も発音が不鮮明だったためオンドゥル語とされた[1]。その後「剣崎一真は実はオンドゥル星の王子で、本名はオンドゥル8世」という破天荒かつ非公式な設定が一部のファンの間で創作され、それ以降の聞き取りづらい台詞もオンドゥル語と呼ばれるようになる。

台詞が聴き取りづらくなった理由には、剣崎役の椿隆之の俳優キャリアが短かった[2]ことや、序盤の脚本には糾弾などで叫ぶシーンが多かったこと、敵に殴打されている場面での台詞であることなどが挙げられる。ただしそれ以降のオンドゥル語は、無理な解釈をしたり実際には聞こえない音を加えるなどして、滑舌の悪さよりも聞き間違えた台詞の滑稽さを強調したものも多い。さらに剣崎役の椿の滑舌も徐々に良くなっていったため、シリーズ後半になるころには、橘の「でたらめを言うな」や「やはりそういうことか」、「これ食ってもいいかな?」などのごく普通に聞き取れる台詞の他、橘や睦月の発する尋常でない悲鳴も、MADムービー等のネタとして頻繁に使われることになった。

特に橘に関しては、一部のファンからの支持を得ており、その結果「仮面ライダーケタック(由来は『仮面ライダーカブト』の公式HPでの誤植)」「謎の男(ケタックに変身する男で、天野浩成が演じていると言う設定)」などのコラージュライダーを生むこととなった。

但しあくまでも悪ふざけから誕生した用語であるため、『仮面ライダー剣』のファンの中ではこの用語・用例(または「オンドゥル」という言葉そのもの)の使用が嫌われる場合もある。

放送後においては、『剣』に限らず他の特撮や一般ドラマ、アニメなどの視聴者の間でも、「演技が拙い」「滑舌が悪い」ことを指す一種の隠語として転じられたことがあり、「あの役者はオンドゥルだ」「演技がオンドゥ(ル)ってる」などと使われていた。

また、オンドゥル語を表記する際に以下の顔文字を使用することがある。

( 0w0) (仮面ライダーブレイドを表す。通称「オンドゥル、王子」)
( 0M0) (仮面ライダーギャレンを表す。通称「ダディ」)
( 0H0) (仮面ライダーレンゲルを表す。通称「ムッキー」)
(<::V::>) (仮面ライダーカリスを表す。通称「ムッコロ」)

その顔文字をそのままちびキャラにしたネット漫画も存在する[3]

一覧 編集

以下は『仮面ライダー剣』本編の台詞のうち、一部のファンによってオンドゥル語と呼ばれているものの一覧だが、劇中の特に滑舌の悪い台詞は個々人によって違った聞き取り方をしている場合もあり、この一覧での表記は一例である。また冒頭にも記した通り、この一覧にある台詞が万人に必ずしもオンドゥル語として認められるわけではない。なお、wikipediaでは半角カナが推奨されないため全角で表記するが、掲示板等でネタにされる時は半角カナで表記されることが多い。 テンプレート:雑多な内容の箇条書き

派生 編集

『仮面ライダー剣』の登場人物に、オンドゥル語にちなんであだ名が付けられている。もちろん公式設定ではなく一部のファンによるもの。以下はその一例である。

  • 剣崎一真…王子(一部のファンから「オンドゥル星の王子」という設定をつけられたため)
  • 橘朔也…ダディ(「ダディャーナザァン」から)
  • 相川始…ムッコロ(「オレァクサムヲムッコロス」から)
  • 上城睦月…ムッキー(「オッペケテンムッキー」から)
  • 広瀬栞…ヒロシ(「ヒロシザン」から)

『仮面ライダー剣』で使用されている歌の中で、実際の歌詞とは違う言葉に聞こえる部分もオンドゥル語と解釈され、それらの歌にもあだ名が付けられている。

  • 初代OP「Round ZERO 〜 BLADE BRAVE」…しねぇウェーイ(最後の「BLADE BRAVE」がそう聞こえる)
  • 初代ED「覚醒」…小錦LOVE(冒頭「Gonna shake you up」がそう聞こえる)
  • 初代ED「覚醒」…ロリコンデブ(サビの「飛び込んでく」がそう聞こえる)
  • 2代目OP「ELEMENTS」…タカラミ剣(冒頭「心に剣」がそう聞こえる)
  • 2代目OP「ELEMENTS」…ゲンナリ叫ぶ声は(「ジレンマに叫ぶ声は」がそう聞こえる)
  • 2代目ED「rebirth」…辛味噌/転びそう(サビの最後「Got to be strong」がそう聞こえる。DVD6巻のトークで森本に「カラオケでは辛味噌と歌ってください」とネタにされていた)
  • 3代目ED「take it a try」…敵裸体/定期たらい(サビの最初がそう聞こえる)
  • キャラクターソング「wanna be strong」(歌:剣崎一真(椿隆之))…わらび草煮えたくない(サビの最初がそう聞こえる)

仮面ライダーディケイド』では劇中でブレイドに変身した剣立カズマと士の間に「チーズ!」「チーフだ!」というやりとりがある。

仮面ライダーバトル ガンバライド』に登場する台詞の中にも、一部のファンからオンドゥル語と見なされるものがある。

『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』では、一部のオンドゥル語がパロディとして使われたことがある。

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 『現代用語の基礎知識2006』自由国民社、1213ページ
  2. 2001年に『GO』(行定勲監督)でデビュー。
  3. [1]

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki