FANDOM


オーナーは、仮面ライダーシリーズに登場するキャラクター。

概要 編集

演じるのは、石丸謙二郎

ハナがイマジン討伐のために契約[1]している、素性や目的などは一切不明の壮年の男性。

しばしばデンライナーの食堂車に現れる。デンライナーの詳細を唯一知る人物だが、そのことを他人に漏らすことはない。特異点かどうかは不明であるが、時間の干渉は受けない。

常に無表情ながら飄々としており、良太郎たちにもおどけた態度で接するが、時の運行を乱す者やデンライナーのルールに反する者に対しては一転して厳しい表情を見せ、「乗車拒否」などの強力な権限を行使する。しかし時間に影響を与えなければ粋な計らいを見せることもある。ゼロライナーのことは最初から知っていたようで、終盤ではモモタロスたちの行く先を知っていたような発言をする。好物はナオミが作る料理で、それらに立てた旗を倒さないように食べることを美学とする。チャーハン対決のライバルである駅長には闘志を燃やしている。

戦うことは無いが、デンライナーと併走するなど桁外れの身体能力を有する他、リュウタロスやカイのように指を鳴らすことで軽い暗示をかけられるようである。特に関連作品では、チャーハンの旗(爪楊枝)1本でキンタロスでも破れなかった牙王の檻を破壊する(『俺、誕生!』)、デンガッシャー(ガンモード)でデンライナー署内の暴徒(モモタロスら含む)を全員鎮圧する(『クライマックス刑事』)、マシンデンバードの代わりに自転車をこいでNEWデンライナーを動かす(『さらば電王』)など人間離れした行動を見せる。

脚注 編集

  1. イマジンにおいての契約とは違う意味の契約

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki