FANDOM


キバーラは、仮面ライダーシリーズに登場するキャラクター。

概要 編集

キバット族の白いコウモリ型モンスター[1]。ライダーに変身する者に噛み付くことでその能力を活性化させる。声は、沢城みゆきが担当。

『仮面ライダーディケイド』 編集

明るい性格を装っているが、時折冷酷な一面を覗かせる。鳴滝に加担しており、彼と同様に次元に干渉して他者を異世界に送る能力を持つ。「キバの世界」での騒動終結後は、諜報活動を行うために士たちに同行している。

『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』 編集

夏海にキバーラへの変身能力を与える[2]。TVシリーズでは鳴滝のスパイ活動を行っていたが、今回は夏海たちに仲間として協力する。

脚注 編集

  1. テレビ朝日公式サイトでは、番組初期には「キバットバットIII世の妹」と紹介されておりガンバライドカード(カード番号 4-060)でもそれが踏襲されている。後にテレビ朝日公式サイト上では「キバット族の仲間」という表記へ変わっている。また、東映公式サイトでは「キバットの妹分」という表記も見られる。
  2. キバとは違い、噛みついて魔皇力を注入せず、直接変身させている。また変身後もパワールーストにぶら下がる形ではなく直接ベルトと一体化したような形態を取る。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki