FANDOM


ゲゲルとは、仮面ライダーシリーズに登場するグロンギが用いる用語。

概要 編集

定められた期間内に、定められた人数のリントを殺すことが出来るかどうかを試すというもの。制限時間と人数はラ・バルバ・デによって提示されることも、自己申告で決めることもある。一度にゲゲルを行うのは1名のみで、プレイヤー以外は絶対に人間を殺してはならないとされており(ダグバは除く)、他の者は警官隊に襲われてもルールに従い抵抗もせず逃げてしまう。ゲゲル開始前に殺人を犯したゴオマは、ゲゲルプレイヤーの権利を最後まで与えられなかった。グムンとメビオもゲゲル開始前に人間を殺しているが、ゲゲル開始前にクウガに倒された。

ゲゲルに成功した者は上位ランクに昇格し、より困難な条件でのゲゲルに挑戦することとなる。メ集団のゲゲルは単にズ集団より殺すべき人数が多いだけであるが、ゴ集団のゲゲルは「ゲリザギバス・ゲゲル(セミファイナル・ゲーム、超古代語対訳版:黒き闇のゲーム)」と呼ばれ、武器を使って特定の条件を満たす相手だけを殺すというものである。ちなみに、メ集団からゴ集団への昇格を賭けたゲゲルも、ゲリザギバス・ゲゲルに準じたルールに則って行われる。相違点は、達成困難と判断した場合にメ集団のルールへ変更して行ってもよいこと、グゼパを使用すること。挑戦者はゲゲルに使用する武器完成の時点からゴのプレイヤーとして扱われる。ラ・バルバ・デはメ・ガリマ・バの武器を「ゴのプレイヤーのものだ」と言っている。ゲリザギバス・ゲゲルに成功すればダグバと1対1で戦う「ザギバス・ゲゲル(ファイナル・ゲーム、超古代語対訳版:白き闇のゲーム)」に臨み、ダグバを倒せば彼の変身ベルトを受け継ぎ、強大な力を手に入れられることになっている。ちなみに劇中では1例のみであるが、カメレオン種怪人「ガルメ・レ」がズ集団からメ集団へ昇格している。

当初はプレイヤー自身が犠牲者の数をカウントするための「グゼパ(腕輪)」を支給されていた。壊れると一からやり直しになる。ゲリザギバス・ゲゲルではラ・ドルド・グが「バグンダダ(カウンター)」と呼ばれる物を持ち歩いて直接記録を採るようになる。

これらの設定は、特撮番組ファンの間で以前より不条理とされていた「敵組織は大勢の怪人を擁しているのに毎回1人ずつ小出しにするのはなぜか」「どうして回りくどい作戦で攻撃してくるのか」という疑問に対する本作スタッフの回答といえる。つまり、「ルールで決まっているから毎回1人のグロンギのみがクウガと戦う」「ゲームなので効率にこだわらずに人間を攻撃する」ということになる。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki