FANDOM


バトルファイトは、仮面ライダーシリーズに登場する用語。

仮面ライダー剣編集

アンデッドにより自らの種の繁栄をかけて行われるバトルロイヤル。このバトルファイトは統制者と地球上の有機生命体とのコンタクト用インターフェースである黒い石版モノリスを通して管理されており、アンデッド同士の戦いで敗れた結果、戦闘不能になったアンデッドは、モノリスの力によってカードに封印されていき、最後まで封印されることなく残っていたアンデッドが勝者となる。

勝者となったアンデッドには、統制者から地球上の全生命を自分の望むがままに変革できる万能の力が与えられ、その後の世界を自分の思い通りのものにできる。一方、バトルファイトにおいていかなる生物の始祖でもないジョーカーが勝者となった場合は、地球上の全生物が死滅、いわば地球上の生命がリセットされることとなる。

1万年前 編集

53種のアンデッドにより自らの種の繁栄をかけて行われたバトルロイヤル。前回のバトルファイトでは、最終的にヒトの始祖たる不死生物・ヒューマンアンデッドが優勝し、あらゆる動植物が暮らす現代の世界がもたらされた。

現代 編集

最後のバトルファイトから1万年後に大半のアンデッドが解放された結果、解放されたもののみを出場者と統制者が認識、バトルファイトは再開されることとなってしまった。現代の世界でのバトルファイト再開は、バトルファイトの顛末を知り万能の力を欲した天王路によって仕組まれたものであり、天王路がモノリスを所有・管理していたためアンデッドの下に出現できず、ゆえにジョーカーと仮面ライダー以外は他のアンデッドに勝利できても封印する術のないイレギュラーな戦いとなっている。綿密なシナリオの末、天王路は最強の人造合成アンデッドケルベロスIIとしてバトルファイトの参加資格を得ることに成功したが、計画に利用した仮面ライダーたちによって倒され、金居(ギラファアンデッド)によって殺害された結果、その目論見は潰えることとなった。最後にはジョーカーが勝ち残り、一度は全生命のリセットが遂行されたが、剣崎がキングフォームの酷使によってジョーカー化したことで出場権を獲得、バトルファイトは再開され、リセットは中断された。そして互いに戦わないよう剣崎が始の下から姿を消したため、物語終了後もバトルファイトが終わることはなかった。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki