FANDOM


ミミヒコは、仮面ライダーシリーズに登場するキャラクター。

概要 編集

演じたのは、柳沢慎吾シルバラに変身。
クチヒコの弟。時空の歪みを利用して1980年代の世界へとやってきた。兄とは対照的に乱暴者。ゲルニュートが二人がかりでも持てないほど重たい純銀の金棒を軽々と振り回して武器に使う怪力の持ち主で、相手を潰した時の音を聞くことを好む。ただし弱者と認めた相手には興味を示さない。兄同様冷酷極まりない性格だが、頭脳派である兄のことは尊敬している。『ディケイド』では、オニ一族の切り札探しを兼ねてか、2009年の世界で金品を強奪していた。
最後に言い放った台詞「あばよ」は、演じる柳沢の決め台詞からきている[1]
『ディケイド』において、シルバラの姿で数カット登場している。

脚注 編集

  1. 柳沢慎吾の名セリフも!「電王」4度目劇場版(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki