Wikia

仮面ライダー Wiki

リュウタロス

トーク0
1,119 件の記事が
このウィキにあります

リュウタロスは、仮面ライダーシリーズに登場するキャラクター。

概要 編集

声は、声優の鈴村健一が担当。
紫色のイマジン。その姿はドラゴンのイメージ[1]が具現化されたもの。その名の通り龍のような凶暴な外見をしているが、一人称は「僕」、口調は無邪気、性格は我が侭で気分屋、甘えん坊である等、非常に子供っぽい。行動も強引且つ一方的で、相手に「 - するけど、いいよね?」と許可を求めるが、決め台詞でもある「答えは聞いてない!(聞かないけど)」と言い放ち即行動に移す。仲間のイマジン達を、「カメちゃん」(ウラタロス)、「クマちゃん」(キンタロス)、「おデブちゃん」(デネブ)、「鳥さん」(ジーク)、「青いクマちゃん」(テディ)と呼ぶ(モモタロスは動物がモチーフでは無い為呼び捨て)。武器は紫の銃。

仮面ライダー電王編集

ウラタロスと殆ど同じタイミング[2]で良太郎に憑依したイマジン。当初は深層意識に潜伏したため、誰もその存在に気づかなかったが、良太郎が三浦の催眠治療を受けたことをきっかけに行動を開始した。それ以前に良太郎が怪力を発揮した事があるが、それも彼の仕業である[3]
デンライナーに姿を現した後に他の3体に倣い、自らリュウタロスと名乗る。その性格からか、ウラタロスとキンタロスからは「リュウタ」と呼ばれる(モモタロスからも時々呼ばれる)。無期限有効のライダーチケットを所有するため、他のイマジンと違いライダーパスの共有宣言はされていない模様。
ダンスが好きで、しばしばヘッドホンで音楽を聞きながら踊っている。食堂車にいる時はナオミと遊んだり、クレヨンで画用紙に絵を描いたりしているが、登場初期は良太郎の深層意識に隠れていることが多かった。動物や赤ちゃんなど可愛いものをこよなく愛するが、気に食わない相手や動物を虐げる者にはたとえイマジンでなくとも攻撃を仕掛ける。そのため当初は戦闘にリュウタロスが呼ばれることは殆ど無く、専ら気が向いたときに強制的に憑依していた。
人間に軽い暗示をかけて精神を支配する能力を持ち、良太郎に憑依した時はこの力で周囲の人間をバックダンサーにして踊る。また憑依力が強く、リュウタロスが憑依している状態ではジーク以外のイマジンは簡単に憑依できず、良太郎自身の意識もある程度制限される。
「時の列車の車掌にしてやる代わりに良太郎を倒せ」というカイの指示に従い、良太郎の命を狙って憑依するが、「お姉ちゃん」(愛理)を慕うためになかなか行動に移さなかった。しかし以降も、愛理の婚約者と同姓同名を名乗る侑斗に激しいライバル意識を燃やし勝手に勝負を挑む、良太郎やモモタロスらの存在を顧みずムキになって一人で戦うなど、問題のある振る舞いを繰り返す。だが電王として共に戦う内に良太郎の命を奪う気は無くなっていき、モモタロス達からも仲間の一人として扱われるようになる。その後、カイに手駒として使われた上消されかけた一件で、自身の行為を反省して良太郎に謝罪すると同時にカイと完全に決別。それからは良太郎を慕う気持ちが強くなり、侑斗の話にも落ち着いて耳を傾けるようになった。時が進むにつれ精神的に成長し、『さらば電王』では荷車に轢かれそうになった子供を助けたりしている。

脚注 編集

  1. スタッフによると「ドラゴンは昔話によく出てくるので採用した」とのこと。また『イマジンあにめ』では、『龍の子太郎』を元にした話がある。
  2. 厳密にはリュウタロスが先である。
  3. DVD4巻の未公開シーンで判明。

関連項目 編集

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア