FANDOM


テンプレート:告知

劇場版 仮面ライダーアギト
PROJECT G4
監督 田﨑竜太
脚本 井上敏樹
出演者 賀集利樹
要潤
友井雄亮
秋山莉奈
唐渡亮
藤岡弘、
音楽 佐橋俊彦
主題歌 事件だッ!ウルフルズ
撮影 松村文雄
配給 東映
公開 Flag of Japan2001年9月22日
上映時間 70分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
次作 劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL
  

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4』(げきじょうばん かめんらいだーあぎと ぷろじぇくと じーふぉー)は、2001年9月22日より全国東映系で上映されたテレビ特撮ドラマ『仮面ライダーアギト』の劇場用オリジナル作品である。(同時上映『劇場版 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える』)

概要 編集

平成仮面ライダーシリーズ初の映画化作品であり、「仮面ライダー放送開始30周年記念作品」兼「東映創立50周年記念作品」。また、劇場用長編映画としては世界で初めて全編がHD24Pで撮影された作品でもある。(ソニーの「シネアルタ」システムを使用)

かつて仮面ライダー1号を演じた藤岡弘、が警視総監役でゲスト出演したことで話題を呼んだ[1]。また、テレビシリーズに先駆けてアギトのバーニングフォームとシャイニングフォーム、エクシードギルスが登場している(前者に付いてはタイトルになっているG4を差し置いて予告編などで話題沸騰だったが、後者は完全にサプライズだった)。また、警視庁総監役にも『仮面ライダースーパー1』でジンドクマの首領である悪魔元帥 / サタンスネークを演じた加地健太郎を起用している。

2002年8月に約20分の未公開シーンを加えたディレクターズカット版がDVDメディアで発売された。

テレビでの放映は東映チャンネルパーフェクトチョイスで放映されたほか、2003年12月31日朝8:00 - 9:25テレビ朝日で地上波初放映された(テレビ朝日放映時はCM中随所に『仮面ライダー剣』の新番組告知CMが流れた)。

ストーリー的にはTVシリーズとは異なり[2]、G3-X=氷川誠と小沢澄子が物語の主役的存在となっており、TVシリーズの初期オープニングで1カットだけ文字で記述されていた“G4システム”の秘話が明かされる外伝的な物語となっている。

本作における「大勢の敵との戦闘」や「新フォームの先行登場」は、後々の劇場版にも引き継がれる。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

とある超能力研究施設をアンノウンの群体が突如襲撃。紗綾香とレイの二人の少女と少女だけを残して研究所は壊滅してしまう。紗綾香とレイはストリートチルドレンとなり懸命に生きていた。

その後、警視庁G3ユニット部隊に陸上自衛隊一等陸尉・深海理沙が研修生として配備される。彼女は小沢が装着者を100%死に至らしめる危険性から封印していた禁断の対アンノウン装備・G4システムの設計を盗み出し、さらにはG4システムと超能力者をリンクさせた究極の回避能力を得ようとするべく、次々と超能力者を“保護”しようとしていたのだ。

そして、暴走した深海の魔の手は、紗綾香を保護していた真魚へと及んだ。折りしも、レイと街で知り合った涼から深海の居場所を聞いた翔一と氷川は、自衛隊のG4システム研究施設へ潜入する。

はたして、3人の仮面ライダーは究極のライダー・G4に立ち向かえるのだろうか?

登場人物 編集

テレビシリーズとの共通出演者は仮面ライダーアギトの「登場人物」の節を参照。

加原紗綾香(かはら さやか)
予知能力を持つ超能力者。超能力開発研究所の生徒。12歳。研究所を襲撃された後、レイとはぐれてしまう。交通事故を予知して翔一と太一を助けたことで2人と知りあい、共に居候することになる。
本木レイ(もとき -)
念力能力を持つ超能力者。超能力開発研究所の生徒。10歳。研究所を襲撃された後、2人で食い逃げをしようとして失敗、紗綾香とはぐれる。その後数ヶ月は超能力で恐喝して生活していたが、アントロードに再び襲われかけたところを涼に救われ、行動を共にする。
深海 理沙(ふかみ りさ)
陸上自衛隊一等陸尉。25歳。超能力者の育成・研究と、G4システムの立ち上げ・運用推進を行う。国民の携帯電話にランダムに「ESPクイズ」のメールを送りつけて超能力者を判別し、拉致まがいの手口で「保護(監禁)」していた。国防のために利用できるものは何でも利用し、人命を犠牲(はっきり言えば使い捨て)にする(ディレクターズカット版DVDでの小沢澄子の台詞を借りれば「人間をG4の餌にする」)ことに何の躊躇いも感じていない冷酷非道な性格の持ち主。
水城 史朗(みずき しろう)/仮面ライダーG4
陸上自衛隊三等陸尉。35歳。超能力開発研究所の防衛を担当していたが、アントロードの襲撃により為す術無く敗北する。負傷しながらも生還するが、これを切っ掛けに、生への執着は戦闘の妨げになり、これを捨ててこそ十分な戦いが出来る、という極偏した思想を持つようになる。その後アンノウンを排除する力を得るため、死を覚悟した上でG4システムの装着員に志願するが、その覚悟を無理矢理拉致した真魚に対しても求めるなど危険な領域に踏み込んでいた。
警視総監
本名不明。正義感あふれる人物で、深海の卑劣な妨害に遭った小沢を励ました。

仮面ライダーG4 編集

正式名称、「第4世代型・対未確認生命体強化外骨格及び強化外筋システム(GENERATION-4)」。通称G4システム。劇中では水城史朗が装着する。警視庁の小沢澄子がG3-Xと共に設計していた対未確認生命体用強化服。その危険性故に設計段階で放棄されていたが、深海理沙が警視庁から同システムの設計図を奪取し、自衛隊で完成された。装着することで強力な戦闘能力(アギトでさえグランドフォームでは手も足も出ない)を発揮できる一方、装着員の意思や運動能力とは関係なく常にその状況において最善とされる動作を行うため、使用を続けると身体への負荷で装着員は死亡する(劇中、水城以前にも多数の装着者が死亡していたことが描写されている)。装着員の死亡後もAIにより行動可能であり、「装着者がスーツを操る」G3ユニットや「スーツと装着者が相互操作の関係にある」G3-Xユニットに対して、「スーツを動かすのに人体というパーツが必要」という従来とは逆の関係にあると言える。また超能力者の能力を用いたESPシステムとの連動で敵の攻撃を予測する事が可能(なお、負荷は超能力者にも及び、結果的に兵士よりも補充の難しい超能力者をも消耗品として扱うことになるため、このシステム自体に構想当初から欠陥があるとも言える)。

外見はG3-Xに似ているが頭部アンテナは角状になり、眼の色は青、ボディは黒。また若干細身である。ヘリコプターで現場に向かうためバイクには乗っていない。

  • 身長:198センチメートル
  • 体重:187キログラム
  • パンチ力:4トン
  • キック力:13トン

武装 編集

GM-01改四式
G3が使用しているGM-01の改良型。従来のGM-01はセミオート機構しか搭載していなかったがそれに対してこのGM-01改四式はフルオート射撃、つまり連射が可能。
多目的巡航4連ミサイルランチャー「ギガント」
4基の小型ミサイルを発射する。

アントロード 編集

軍隊蟻に似た超越生命体。主に集団で行動する。いずれもTVシリーズには登場しない本作オリジナルのアンノウン。本編と異なり、超能力に覚醒していない人間(自衛隊施設の人間)も例外なく殺害する。ちなみに撮影時はTVシリーズに登場したマンティスロードとの戦闘シーンがあったが、編集の都合上カットされた。

アントロード/フォルミカ・ペデス(軍隊アリ
数百単位で行動。口から吐く強力な蟻酸で人間を窒息死させ、自衛隊が組織する超能力を持った子供たちの施設を襲撃し、多数の人間を殺害した。また鋭い牙によって人間を捕食することもある。G3-Xやギルスと対峙した個体は一対一でも彼らとまともに戦えるが、その他は次々とやられていった。必殺技を食らっていない者は爆発していないようだが、必殺技でないと一撃で仕留めきれないのかは不明。
名の意味:歩兵の蟻
アントロード/フォルミカ・エクエス(軍隊アリ)
アントロードの行動隊長的な存在で体が赤い。怪力で、大鎌を操る。
名の意味:騎士階級の蟻
クィーンアントロード/フォルミカ・レギア(女王アリ)
女王蟻で普段は地下の巣にいるが強力な敵には挑んでいく。三又の槍「黄泉の鐙」が武器。
名の意味:王族の蟻

キャスト 編集

スーツアクター 編集

スタッフ 編集

主題歌・挿入歌・劇伴 編集

映像ソフト化 編集

  • 正義の味方を造る者たち 劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 メイキング(DVD:2001年10月21日発売)
    • 撮影風景、スタッフ、キャストのインタビューを収録。
  • 劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4(DVD:2002年1月21日発売、Blu-ray:2009年5月21日発売)
    • 本編、映像特典を収録。
  • 劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 ディレクターズカット版(DVD:2002年8月2日発売)
    • 未公開エピソードや追加バトルシーンを収録し、CG修正やオープニングタイトルの大幅な変更、エンディングロールの映像変更も行い再編集したディレクターズカット版を収録。ボーナスディスクには映像特典(前述のメイキングDVDの再編集版、キャスト座談会など)を収録。

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 達に「今の俺に出来ないことを君達がやってくれ」と激励するという意味深なシーンである。あくまで「警視総監」という役職のみで、本名が設定されておらず、仮面ライダー1号=本郷猛を思わせる演出はスタッフの狙いだったとのことで、「この警視総監は、本郷猛(仮面ライダー1号)と思って頂いて結構です」とのコメントを公開当時の各関連雑誌のインタビューで答えている
  2. ただしTVSPのラストの描写は、本作とTVシリーズを繋ぐものとなっている

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。