FANDOM


仮面ライダーザビーは、仮面ライダーカブトに登場する戦士。

各作品での設定 編集

本部直属の精鋭部隊・シャドウの指揮官が変身するマスクドライダー。モチーフはスズメバチ(マスクドフォームは蜂の巣)。基本カラーは黄色

仮面ライダーカブト編集

『仮面ライダーカブト』に登場した仮面ライダーの中で最も資格者が変わったライダー。

資格者の変遷 編集

仮面ライダーカブト』での資格者の変遷と各資格者、資格喪失の要因を記述する。ザビー資格者は全員ZECTのメンバーであり、原則としてシャドウのチームリーダーを兼ねる。

初代:矢車想
矢車がカブト抹殺に執着し“完全調和”の信念を見失ったことで、資格を剥奪される。影山の後、ザビーゼクターはキックホッパーになった矢車を再び資格者に選定するが、彼はこれを拒絶。
2代目:加賀美新
加賀美が天道=カブト抹殺の任務を嫌い、自ら資格放棄の意志を示したことで、ザビーゼクターは加賀美を資格者から外した。加賀美の父曰く、「蜂は刺すもの。刺さない蜂(加賀美が変身したザビー)に勝ち(価値)はない」らしい。
3代目:影山瞬
キックホッパーに敗北後、ザビーゼクターを天道=カブトに奪われ、シャドウ隊長の座も追われる。後に再びザビーゼクターを手にするが、ガタックと連携を合わせようとせず敗北したため、ザビーゼクターは影山から完全に資格を剥奪する。
特殊:三島正人
ワームに苦戦する影山に戦いを教えるため、ザビーゼクターを無理矢理捕らえ強制的に変身する。パンチの連打のみでワームを倒してみせた後、ザビーゼクターは三島を資格者に選ぼうとしたが三島自身にその気はなく、片手で追い払う。

各フォーム 編集

仮面ライダーザビー マスクドフォーム
ザビーの第1形態。他のライダーと違い専用武器を持たないため、肉弾戦主体である。
仮面ライダーザビー ライダーフォーム
ザビーの第2形態。変身直後に「Change Wasp」と発声される。このとき、ザビーゼクターから伸びるゼクターニードルという針を武器とする。
必殺技は、波動に変換したタキオン粒子をニードルに集中して敵に突き刺す「ライダースティング」。ゼクターニードル上部のフルスロットルを押すことで、「Rider Sting」という電子音声の発声とともに発動する。資格者により攻撃方法が異なり、複数の相手を1度に連続で突き刺すことも可能。

ツール 編集

設定上は専用のゼクトマイザーを持つが本編未使用。マイザーボマーはハチ型のザビーボマーで、食品玩具バンダイキャンディートイにて登場。

ザビーゼクター
スズメバチ型昆虫コア。集団の統率者に相応しい人物を資格者に選ぶ。1度資格者として選定した者でも、自分の意にそぐわない方向に向かえば容赦なく見捨てる。そのため他のゼクターに比べ資格者の変遷が激しい。出演者からも「男を簡単に乗り換える悪女」などと評され、最終的には資格者が不在となる。左手首に装着したライダーブレスにセットすることで変身し、その状態からザビーゼクター背部のゼクターウィングを上げた後、内側に回転させることで前後を展開させキャストオフする。
ライダーブレス
ザビーのブレスレット型変身ツール。ZECTにより開発された。
マシンゼクトロン
マシンゼクトロンを参照。

脚注 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki