FANDOM


仮面ライダースナック(かめんライダースナック)は、『仮面ライダー』を題材としたカード(ライダーカード)がおまけとして付いていたスナック菓子である。後に「カルビースナック 仮面ライダー」と改名された。発売元はカルビー製菓(後のカルビー)。

初めて発売されたのは、仮面ライダー放映開始の1971年であった。1袋(20円)に1枚のカードが付いており、カード表面には仮面ライダー・怪人・劇中の場面などが、裏面にはナンバーと表の写真に関するデータが印刷されていた(例えば表が怪人の写真ならばその怪人の出身地などが書かれていた)。プロ野球チップスに代表される、カード付き菓子の先駆けとなった。

仮面ライダーというブームの中編集

1971年の年末、仮面ライダーが世の子供達の中でブームになっている頃、関東関西の大都市圏のみで「仮面ライダー スナック」として売り出された。カルビーによると、スナック菓子にライダーカードを付けて売るというアイデアは、同社関係者の友人であった栗本慎一郎から提案されたものだという[1]。この商品は発売後すぐに人気が出て、店では品切れ状態となった。翌1972年4月には販売地域が日本全国に拡大されている。

ライダーカードがもたらした新しい要素編集

この商品が発売される前からブロマイドと呼ばれる「5円引きブロマイド」が子供達の中で流行っていた。 このブロマイドには当時放映されていたウルトラマンなどのヒーローアニメキャラクターが印刷されていた。 ライダーカードとの大きな違いは、裏にある。ライダーカードの裏にデータが書かれているのに対しブロマイドの裏にはなにも書かれていない真っ白の状態であり表を観て楽しむことしか出来ない。ライダーカードは、裏に様々なデータが印刷されており「図鑑要素」が盛り込まれていることになり仮面ライダーの事をもっと知りたくなり、また欲しくなる。そんな子供心を掴んだ画期的なアイデアであった、また「コレクション要素」というものも人気の秘密にある。上記に記したようにライダーカードには、データの他にナンバーが印刷されている。子供は、カードをコンプリートするために抜けているナンバーのカードを手に入れようと買う、このような要素が人気の裏にあったといえる。

ラッキーカード編集

ライダーカードには、通常のカードと異なる「ラッキーカード」と呼ばれるレアカードがあった。「ラッキーカード」をカルビー製菓ライダー係宛に送ると、カードを収納できる「仮面ライダーアルバム」が送られて来た。

カード裏面には当初、通常のカードとは違い「ラッキーカード」の文字とカードの説明、有効期限(送付の締切)、宇都宮工場と広島工場の住所が書かれていた(参考画像)が、後に通常のカードに「ラッキーカード」と判が押されるようになった。

アルバムを入手するためにはカードをカルビー製菓に送らなければならなかったため、レアアイテムとなっている。

エラーカードと事態の原因編集

ライダーカードには「エラーカード」と呼ばれる制作上のミスの為に印刷にそのまま、まわされたり印刷上のミスのあるカードがある。 No,200前後までのカードに見受けられるもので、エラーカードの特徴としてカード表の写真が左右逆に印刷されていること、裏の情報が表とは違うナンバーと解説になっていることなどがあり、裏表が違うカードならすぐにわかるが表の写真が左右逆の場合は、パッと見わからないようにみえるが、これは怪人であればベルトのショッカーマークが左右逆であったり(カニバブラーなど左右非対称だと見分けやすい)ライダーバイクのマークの「R」が逆になっているなど小さな部分に目を付けるとエラーカードかだいたい見分けられる(風景や地面の草・岩なども手がかりになる) 上記のエラーの他にも裏に書かれた文字が異常に下に印刷されていたりズレているエラーカードなど何種類かミスが確認されている。 なお現在このエラーカードは、ラッキーカード同様ネットオークションなどで高値で取引されておりファンの中では大変貴重な資料として注目されている。

この様な「エラーカード」が世に出回ってしまった原因として「新カード制作に追われていた」ということが挙げられる。 これは「仮面ライダースナック」の予想以上の売上げでカルビー側での新カード制作が慌しくなり印刷まで目が届かないままエラーカードがそのままパック詰めされ出荷されてしまったということである。 しかし「仮面ライダー」の撮影が2週間で2本撮りというスケジュールに合わせ現場にカメラマンを派遣し半月で2話分の構成がなされたカードを追加するシステムをとるなど工夫をこらした結果、体勢が整い「子供が新しい情報を欲しがっている」ことに重視した結果ゲルショッカー出現~壊滅までを放映前にどこよりも早く子供達に報道したのである。

社会現象と問題編集

この「仮面ライダー スナック」の予想外の売上げはカルビー側にとって手放しでは喜べない問題が起こった。スナックを買った子供がカードだけを取って菓子を捨ててしまうということが全国で報告され始めたのである。これはマスコミで報道され、社会問題となり全国の主に小学校を中心に朝礼などで校長が「ライダースナックの菓子は買ったらきちんと食べなさい」と全校生徒の前で注意・呼びかけをする異例の事態となってしまった。さらにこの捨てられた菓子を回収し子供の親などに転売(もちろんカードなし)する小売店も出てきた。この問題の原因として、「スナックをまとめ買いした子供が全て食べきれず捨ててしまった」或いは「このスナックが「まずい」と評判で子供も受け付けない甘口だった為に捨てられた」「子供たちは最初からカード収集が目的で、スナックには全く関心が無かった」等がある。パッケージや発売当時のCMには「かっぱえびせん姉妹品」と銘打たれていた。

この問題と同じことが1980年代にも起こっている(ビックリマンチョコと社会問題を参照)

最終的な売上げ編集

販売終了は「仮面ライダー」終了ほぼ1ヶ月前の1973年1月まで(放送が遅れていた地域ではこの時期より後まで販売されていた)であり様々なアイデアと戦略で爆発的な売上げを記録した「仮面ライダー スナック」は、最終的な売上げは、4億袋とも6億袋ともいわれている[2][3]。つまり単価20円のお菓子が2年たらずで80~120億円以上の売上げを記録したことになる。

また、その後放送された「仮面ライダーV3」もカード付きスナック化(15円)されたが「仮面ライダー スナック」の売上げには程遠いものだった。

ライダーカードの復刻編集

1992年東映ビデオより発売された「仮面ライダー パーフェクトLD-BOX」(25枚組・定価150000円)の特典として546枚+3枚が復刻された。

1999年に「仮面ライダー チップス」が発売されNo.1からNo.72までが復刻された。その後、三期に渡ってNo.216までが、2003年には三期に渡ってNo.217からNo.546が復刻された。カードの大きさが当時のカードよりかなり大きくなっており、「エラーカード」や「ラッキーカード」も復刻され、「ラッキーカードを送るとアルバムがもらえる」、「「新カードコレクション」という市販のチップス内で復刻できなかったカードや新たに発見されたエラーカードを復刻したカードなどがセットにされたBOXがもらえる」キャンペーンも実施された。

脚注編集

  1. 綱島理友『お菓子帖』(朝日新聞社、1995年、ISBN 978-4022610836)94-100頁より。
  2. 週刊少年マガジン連載の「仮面ライダーをつくった男たち」によると、最終的な売上げは6億2000万袋。
  3. 『甦れ!仮面ライダー黄金時代1号2号V3!!―あの熱き変身ブームの軌跡』(竹書房、ISBN 4812424119、2005年)28頁によると、最終的な売上げは約87億円。

関連項目編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki