FANDOM


仮面ライダーディエンドは、仮面ライダーシリーズに登場した戦士。

概要 編集

基本カラーはシアン。名前の由来は「Die+End」の造語[1]。鳴滝はいずれディケイドとディエンドは互いに滅ぼし合うと発言している。

各世界の行き来が可能。身軽な動きと銃撃を活かしたヒット&アウェイ戦法を行う。

本編終盤において鳴滝からもたらされた専用のパワーアップカードによって、自身の分身を生成する「ディエンドイリュージョン」等の新たな技が追加されるとともに、ディメンションシュートも照準となるカード状エネルギーが半透明からフルカラーへと変化している。

専用ツール 編集

ディエンドライバー 編集

ディエンドへの変身にも使う50口径の銃型専用武器。変身前・後を問わず、高威力のエネルギー弾を放つ2連式の銃として使える。銃身側面中央部に設けられたカード挿入口にライダーカードを装填し、銃身をポンプアクションの要領で前にスライドさせることで、そのカードの種類が発声されて待機音が鳴り始め、トリガーを引くことでそのカードの能力名などが発声された後、カードの裏面に描かれたライダーの紋章の投影図が発射されて効果を発揮する。ライダーカードを複数枚同時に使うことも可能。なお、ディエンドライバーを奪われると、変身が強制解除される。

ライダーカード 編集

普段は左腰に携行される。内部がクラインの壺へと通じるライダーカードホルダーに収納されており、ディエンドライバーに装填することで封じられたエネルギーを解放し、各々の効果を発揮することができる。
カードのカテゴリーはディケイドのものと同等だが、変身に用いるディエンド以外のカメンライドは、描かれたライダーを実体のある幻として召喚する効果を持つ。
カメンライド
仮面ライダーを実体のある幻として召喚する能力。ファイナルフォームライドやそれに応じたコンビネーション技も使える。

アタックライド 編集

以下の各機能を発動する。

ディエンドブラスト
ディエンドライバーにホーミング機能を強化した技。
ディエンドインビジブル
身体を透明化させて姿を消し、主に戦線離脱に使う技。
クロスアタック
呼び出したライダーの必殺技によるフォーメーション。

ファイナルアタックライド 編集

ディメンションシュート
ディエンド単体での必殺技。ライダーの図柄が描かれた半透明のカードが照準となって標的を補足、カードのエネルギーを込めた巨大なビームを発射する。その際、召喚されたライダーたちも還元され、エネルギーの一部となる。

脚注 編集

  1. 東映公式サイトより。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki