FANDOM


仮面ライダードレイクは、仮面ライダーシリーズに登場する戦士。

概要 編集

モチーフはトンボ(マスクドフォームはヤゴ)。基本カラーは水色。ドレイクゼクターを用いた銃撃戦を得意とし、その戦法を想定した設計思想から利き腕側となる右側に各機能が集中しており、外観は左右非対称である。ヤゴをモチーフとしたマスクドフォームは硬度以外で個性を持つ。

仮面ライダーカブト編集

主にメイクアップアーティストである風間大介が変身するマスクドライダー。

各フォーム 編集

仮面ライダードレイク マスクドフォーム
ドレイクの第1形態。水中戦にも対応している。
仮面ライダードレイク ライダーフォーム
ドレイクの第2形態。変身直後に「Change Dragonfly」と発声される。
必殺技は、波動化されたタキオン粒子を光弾に変換し、狙いを定めて発射する「ライダーシューティング」。ライダーシューティングモードのドレイクゼクターのヒッチスロットルを引くことで、「Rider Shooting」という発声とともに発動する。クロックアップ状態でも射てるが、非クロックアップ時に発射した場合光弾の速度は遅くなる。

ツール 編集

ドレイクゼクター
トンボ型昆虫コア。ドレイクグリップをかざすと自発的に結合しドレイクへの変身を行う。尾部の2段変身スイッチ・ヒッチスロットル(尾レバー)を引き出し、グリップのトリガーを引いてキャストオフする。
変身後はそのまま銃身となり、拳銃のような単発での光弾射撃やマシンガンのような連射のほか、ビームへの切り替えも可能。また、ゼクターウィングからタキオン粒子を放出することにより、近接武器として扱うこともできる。ゼクターウィングを折り畳むことでライダーシューティングモードへ変形でき、そのモードではポインター・ミラージュサイトによるレーザーを伸ばすことにより、敵を捕捉することも可能。
ドレイクグリップ
ドレイクのグリップ型変身ツール。
ゼクトマイザー
ライダー共通の支援武器。マイザーボマーはトンボ型のドレイクボマー。
マシンゼクトロン
ドレイク仕様のマシンゼクトロン。フロントカウルにドレイク マスクドフォームの左肩部にもあるZECTマークがプリントされている。基本スペックは他のものと同様で、テールコンテナにはトンボ型ミサイルを搭載。

脚注 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki