FANDOM


仮面ライダーネガ電王は、仮面ライダーシリーズに登場する戦士。

概要 編集

ネガタロスが、オーナーから奪い取った予備のライダーパスを使い変身するライダー。『クライマックス刑事』に登場。パスやベルトなど、電王と同じ変身ツールを使うため似ている面も多いが、姿やスペックなどは異なるものになっている。フォームチェンジ機構は使用されていない。

各フォーム 編集

ネガフォーム 編集

ネガタロスの力をまとった形態。姿形は電王のソードフォームと瓜二つであるが、カラーリングはが主体となっており、さらに電仮面やオーラアーマーの各所には水色(背面のみ銀色)のトライバル柄パターンが配されている。電王の4フォームを相手にして互角以上に渡り合うほどの実力の持ち主。

電王同様の武器や必殺技を使用することが可能で、劇中では赤いエネルギー弾を発射する「ネガワイルドショット」というガンフォームのものと似た技を繰り出した。

スーツは電王ソードフォームのものにトライバル柄のシールを貼り、CGで色を赤から紫に変えたもの。そのため公開前に発売した児童誌には、赤いネガ電王が写っている物もある。ロッドフォームなどに模した形態があるのかは不明。

専用ツール 編集

ライダーパス
ネガタロスがオーナーから盗んだ予備のパス。ネガ電王への変身やネガデンライナーを呼び出すことなどに用いる。外見や機能は電王のものと同様。
デンオウベルト
ネガタロスが盗んだライダーパスを使って呼び出したもの。主な特徴は電王のベルトと同様だが、変身待機音はソードフォームのピッチを低くしたものになっている。4色のボタンも搭載されているが、使用できるかどうかは不明。
ネガデンガッシャー
ネガ電王が携行している武器。ネガ電王はこれの全形態をフォームチェンジすることなく使用することが可能で、フルチャージすることによって電王同様の4つの必殺技を出すことができる。しかし劇中ではアックスモードのみ使用せず[1]、必殺技もガンモードのものしか出していない。ソードモードの時に伸びたオーラソードには、身体同様にトライバル柄パターンが配されている。
ネガデンバード
ネガデンライナーの運転席を兼ねるバイク型のコントローラー。

脚注 編集

  1. 漫画版では、アックスモードも一瞬だけ使用している。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki