FANDOM


仮面ライダーレイは、仮面ライダーシリーズに登場する戦士。

各作品での設定 編集

モチーフはイエティ[1]。基本カラーは白。

仮面ライダーキバ 魔界城の王編集

白峰天斗が変身する仮面ライダー。3WAがキバの特性を研究して開発したライダーシステムを装着した戦士。レイキバットが白峰の腰に出現したベルトに取り付くことで、システムが装着され変身が完了する。
内部は同じく人造ライダーシステムである仮面ライダーイクサ同様、テクノロジーが結集されたメカニカルスーツであるが、基本構造はベルトのレイキバットがエネルギーを循環・管理し、身体の各部に装着されたパワージェネレーター・人造魔皇石で増幅するという、キバの鎧と同様のものであり、外見もイクサと比較してより生物的なものとなっている。キバとともにファンガイアをはじめとしたモンスターの力もフィードバックされており、このレイには冷気属性が備わっているため、掌からは零下200℃の冷気を発射することも可能。
ベルトに装着されたレイキバットがウェイクアップフエッスルを吹くことで、普段両腕に過剰に巻かれた封印鎖=カテナを開放し、巨大な人造魔皇石を3つ仕込んだ巨大な鉤爪・ギガンティック・クローが出現。ただしクロー自体は変身直後に標準装備されることが多い。

必殺技 編集

ブリザードクロー・エクスキュージョン
標的を冷気で氷結させた上でクローによって何度も切り裂く技。

備考 編集

なお3WAでは他にも様々な能力を持つライダーを発案したが、氷結能力を持つこのレイだけが完成に至った。しかし、中盤でこのレイも普通の人間では変身できない事が判明した。

脚注 編集

  1. デザイナーは本作のキバ(牙)に対抗して「爪のライダー」を作りたかったと説明している。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki