FANDOM


仮面ライダーワールド

  • 東映が企画・主催して日本各地で不定期に開催される、仮面ライダーシリーズを主にしたイベントの名称。撮影で実際に使用された歴代ライダーのマシン展示(主にバイク)やグッズ販売、ライダーショーなどが行われる。
  • 1994年に北海道の夕張石炭資料館東映東京撮影所で撮影され、当時行われたイベント「大泉シネファンタジー94」、全国の遊園地やイベントなどで公開された3D映画。本項で詳細を解説。

内容編集

仮面ライダーJと仮面ライダーZOが協力してシャドームーンの率いる怪人軍団(『仮面ライダーBLACK』に登場したサイ怪人、『真・仮面ライダー 序章』に登場した改造兵士レベル2、『仮面ライダーJ』に登場したコブラ男、ハチ女、トカゲ男)と闘う。

なお、仮面ライダーJ、シャドームーン、ベリーの声優はオリジナルの俳優を起用しているが仮面ライダーZO、サイ怪人、改造兵士レベル2、コブラ男、ハチ女、トカゲ男の声については不明。

同じ3D映画である、前作『仮面ライダー世界に駆ける』以来の作品である。同時作品は『スーパー戦隊ワールド』『東映ヒーロー大集合』。  

ストーリー編集

ある日、シャドームーンが復活し、更に怪人を5体復活させ、仮面ライダーを倒そうと考えた。ベリーはその場面を目撃してしまったため、再生怪人軍団に追われる羽目となってしまった。

その時、仮面ライダーZOが登場し、怪人軍団と戦う。更にZOが苦戦している時、仮面ライダーJがJクロッサーに乗って登場。2人で怪人軍団を倒した後、巨大化したシャドームーンと巨大化したJと対決。Jは勝利し、平和が戻った。

DVD編集

DVDでは仮面ライダーJ、仮面ライダー1号・2号BOXに映像特典として収録されている。ただし前作同様、3D機能はない。

キャスト編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。