FANDOM


劇場版 仮面ライダー剣
MISSING ACE
監督 石田秀範
脚本 井上敏樹
出演者 椿隆之
森本亮治
天野浩成
北条隆博
黒田勇樹
三津谷葉子
杉浦太雄
石田未来
配給 東映
公開 2004年
上映時間 75分
製作国 日本
言語 日本語
興行収入 9億2千万円
前作 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト
次作 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼
  

劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE』(かめんライダーブレイド ミッシングエース)は、2004年9月11日より全国東映系で『特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション』と共に公開された『仮面ライダー剣』の劇場オリジナル作品である。

概要 編集

剣崎達・仮面ライダーの活躍により全てのアンデッドが封印されてから4年後がストーリーの後日談的位置付けとなる作品。

本作公開直前のTVシリーズエンディングでショートムービーが放送され、ラルク、ランスがライダーになる経緯が描かれている。

また、新世代ライダーの3人には、映画『学校』で日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞した黒田勇樹、グラビアアイドルで女優の三津谷葉子、『ウルトラマンコスモス』で主人公春野ムサシを好演した杉浦太陽の弟である杉浦太雄を起用した。

TVシリーズでの戦いが終結した4年後を描いたストーリーであったが、その後放映されたTVシリーズ最終回は劇場版には繋がらない終わり方となり、TVシリーズと本作はパラレルワールドとなっている。この辺りの事情は「先行最終回」を謳い文句にしていたが、結局はパラレルワールドだった『仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』に近い。

しかしTVシリーズ最終回クライマックスまでは劇場版との繋がりを連想させる展開になっており、TV版最終回の剣崎の別の選択肢の可能性とも取れる。また東映プロデューサー・日笠淳によるとTV版終盤の撮影まで劇場版と話を繋げるかどうか、迷っていたらしい。

アギト~ファイズの劇場版までカメラマンを務めた松村文雄に代わり本作からいのくままさおがカメラマンを務めている。

TVシリーズに先駆けてブレイド キングフォームやジョーカー、一部のアンデッド(人間体は無し)などが登場する。

時間軸としては、本作のヒロインである栗原天音の14歳の誕生日前後が舞台となっている(TV本編第13話(テレビ朝日では2004年4月18日放映)において天音の10歳の誕生日を祝うシーンがある)。また、劇中で睦月が面接先の会社に提出した履歴書の日付は、平成20年6月14日となっている。


メイキングのDVDは2004年9月21日、本篇のDVDは2005年1月21日、ディレクターズカット版は同年5月21日に発売された。本編のブルーレイディスクは2009年6月21日発売予定

あらすじ 編集

ライダーとアンデッドの戦いが終わってから4年、剣崎とその仲間達は、それぞれ別の道を歩み始めていた。

清掃員として生計を立てる剣崎、自ら記録したライダーとアンデッドの戦いの本がベストセラーとなり悠々自適な生活を送る虎太郎、結婚を間近に控えた栞、以過去を捨て、新しい生活を送ろうとする睦月、烏丸と共に行方不明の橘、そして封印されたジョーカー=相川始と、彼の失踪から未だに立ち直れない天音。

そんな中、突如として現れる封印されたはずのアンデッド達。困惑する剣崎達の前に現われる謎の3人。彼らは新たな仮面ライダーとなって、アンデッド達を瞬く間に封印していくのだった。

登場人物 編集

旧世代ライダー 編集

かつて、仮面ライダーとして戦っていた者達。現在、剣崎と睦月は引退し、始はジョーカーとして封印されている。

剣崎一真(けんざき かずま) / 仮面ライダーブレイド
設定年齢26歳。仮面ライダーブレイドとしてアンデッドと戦っていた青年。
相川始(あいかわ はじめ) / 仮面ライダーカリス
仮面ライダーカリスに変身する青年。
橘朔也(たちばな さくや) / 仮面ライダーギャレン
設定年齢29歳。剣崎らとともに仮面ライダーとして戦っていた青年。
上城睦月(かみじょう むつき) / 仮面ライダーレンゲル
設定年齢21歳。剣崎らとともに仮面ライダーとして戦っていた少年。

新世代ライダー 編集

志村純一をリーダーとする3人の新世代ライダー達。三輪と禍木の二人は、志村によってスカウトされている。

志村純一(しむら じゅんいち) / 仮面ライダーグレイブ(Masked Rider Glaive)
設定年齢22歳。橘の助手としてバトルファイトに潜む大いなる謎を研究をしている青年。優しさの塊のような男で募金活動をしていた少年たちの手伝いをした上財布をまるまる募金した(後にTVシリーズ終盤に同じ名前、顔の警察官が登場しているが志村との関係は不明)。
しかし正体はもう1人のジョーカー・アルビノジョーカーだった。最終的には、天音をカードに封じ込め、古代地球の究極の力『14(フォーティーン)』と融合する。
三輪夏美(みわ なつみ) / 仮面ライダーラルク(Masked Rider Larc)
設定年齢21歳。元OL。禍木とともに復活したピーコックアンデッドに襲われた際に志村と出逢い仮面ライダーにスカウトされた。口よりも先に手が出るタイプで、男に対する対抗心が強い。志村に好意を持っている。数少ない女性仮面ライダーの一人。
禍木慎(まがき しん) / 仮面ライダーランス(Masked Rider Lance)
設定年齢21歳。元ウェイター。夏美とともに復活したピーコックアンデッドに襲われた際に志村と出逢い仮面ライダーにスカウトされた。優秀だが自信過剰で、旧世代ライダーの剣崎らを馬鹿にしている。また、剣崎達がライダーに戻ろうとした際には、それを妨害し攻撃しようとするなど、協調性が無い。

その他の登場人物 編集

栗原天音(くりはら あまね)
設定年齢14歳。始が居候していた家の少女。始に対して淡い恋心を抱いていたが、始が自分に何もいわず突然いなくなった事から心の内が荒んでいき、現在では不良少女になってしまっていた。何故か復活したアンデッド達に狙われる。
白井虎太郎(しらい こたろう)
設定年齢27歳。かつて剣崎たちの戦いをサポートしていたジャーナリスト。彼らの事を描いた著作『仮面ライダーという名の仮面』がベストセラーになり、一躍人気作家になった。そのためか性格が悪くなっている。昔は牛乳を好んで飲んでいたがワインに転向した。現在は都内の超高級マンションに一人暮らしで、『仮面ライダーという名の仮面』の印税で遊んで暮らしていたが、剣崎たちとの再会を経て、元の格好に戻り、再び牛乳を愛する男となった。彼の部屋は、短い間ではあったがアンデッドサーチャーを備え、剣崎たちのアジトになっていた。
広瀬栞(ひろせ しおり)
設定年齢24歳。かつて剣崎らの戦いをサポートしていた人類基盤史研究所BOARDの研究員。現在では結婚を間近に控えていたため非協力的だったが、結局無視し切れず全面的にサポートするようになる。ちなみに彼女が渡したアンデッドサーチャーのディクスには可愛くデフォルメされたアンデッドのイラストが施されている。
栗原遥香(くりはら はるか)
天音の母親。喫茶店「JACARANDA」の店主。4年前とすっかり変わってしまった天音を理解できないながらも心配している。
烏丸啓(からすま けい)
人類基盤史研究所BOARD所長。4年前、剣崎=ブレイドが始=ジョーカーを封印した後、橘と共に53枚のラウズカードを永遠に封印しようとしたが...

仮面ライダー 編集

ブレイド達旧世代ライダーが劇中で使用したカードコンボを紹介。

旧世代ライダー 編集

4年前のアンデッドとの戦いが終結した後もブレイド、ギャレン、レンゲルの各ライダーシステムは破棄されずに橘の元で保管されていた。
しかし、ブレイド、レンゲルへの変身に必要なスペードとクラブのAであるビートルアンデッドとスパイダーアンデッドが解放されてしまったため、変身の為にはまず彼らを封印しなければならなくなってしまった。

仮面ライダーブレイド 編集

  • ノーマルフォーム
  • ♠5+6+9=『ライトニングソニック』(LIGHTNING SONIC) AP消費値:3800AP
攻撃対象:リザードアンデッド
  • ジャックフォーム
  • ♠6+2=『J・ライトニングスラッシュ』(J・LIGHTNING SLASH) AP消費値:1600AP
攻撃対象:仮面ライダーグレイブ
  • キングフォーム
  • ギルド♠10+J+Q+K+A=『ロイヤルストレートフラッシュ』(ROYAL STRAIGHT FLASH) AP消費値:11200AP
攻撃対象:14

仮面ライダーギャレン 編集

  • ノーマルフォーム
  • 使用コンボなし
  • ジャックフォーム
  • ♦2+4+6=『J・バーニングショット』(J・BURNING SHOT) AP消費値:2200AP
攻撃対象:スパイダーアンデッド

仮面ライダーカリス 編集

  • ノーマルフォーム
  • 使用コンボなし
※ワイルドカリスは劇中に登場せず

仮面ライダーレンゲル 編集

  • ノーマルフォーム
  • 使用コンボなし

アンデッド 編集

ここでは劇場版のみに登場するアンデッド(怪人)の詳細を述べる。

アルビノジョーカー 編集

ジョーカーの亜種。上級アンデットのように人化が可能で、他の封印されたアンデッドを解放する能力を持つ。ジョーカーがアンデッドの血をイメージさせる緑に対し、こちらは人間の血のイメージである赤を基調とする。武器は巨大鎌だが、劇中は未使用。

アルビローチ 編集

ゴキブリに酷似してはいるが、生物の祖ではないイレギュラーな存在。能力・外見共にダークローチとほぼ同じだが、体色はアルビノジョーカー同様に白が基調となっている。

巨大邪神14(フォーティーン) 編集

劇場版最大の敵。四枚のキング、そしてある人物を封印した5枚のカードにより召喚された「絶対的な最強の力」。邪龍を意識しているため、下半身は足がなく、腕が四本ある。それぞれの腕にスペードの剣、ダイヤ(金貨型)の盾、ハート(聖杯型)の雷撃発生機、クラブの棍棒を持っている。(しかし、劇中で所持して使用していたのは剣と聖杯のみである。)アルビノジョーカーと融合し、圧倒的な戦力でライダーたちを窮地に追いやった。

ビートルアンデッド編集

スペードスートのカテゴリーA。カブトムシの祖たるアンデッド。スパイダーアンデッドとともに、天音を狙う。剣崎は彼を封印するまで変身できなかった。

スキッドアンデッド編集

クラブスートのカテゴリー9。烏賊の祖たるアンデッド。触手を張り巡らせ、街にパニックを起こした。TVシリーズには回想シーンにのみ登場した。 スーツはバットアンデッドの改造。

その他のアンデッド編集

多数のアンデッドがアルビノジョーカーによって解放され、行動を起こした。スパイダーアンデッド、タランチュラアンデッドなどTVシリーズ前半に登場した個体だけでなく、シリーズ後半に先駆けてギラファアンデッドが登場。


キャスト 編集

  • 剣崎一真 / 仮面ライダーブレイド(声) - 椿隆之
  • 相川始 / 仮面ライダーカリス(声) / ジョーカー(声) - 森本亮治
  • 橘朔也 / 仮面ライダーギャレン(声) - 天野浩成
  • 上城睦月 / 仮面ライダーレンゲル(声) - 北条隆博
  • 志村純一 / 仮面ライダーグレイブ(声) / アルビノジョーカー(声) - 黒田勇樹
  • 三輪夏美 / 仮面ライダーラルク(声) - 三津谷葉子
  • 禍木慎 / 仮面ライダーランス(声) - 杉浦太雄
  • 面接官・花田 - 村井克行(友情出演)
  • 面接官・馬場 - 泉政行(友情出演)
  • デパートの警備員 - 唐橋充(友情出演)
  • RIDER CHIPS(特別出演)
    • ハカランダで演奏する男 - 野村義男
    • スキッドアンデッドに襲われる男 - 寺沢功一
    • ハカランダの客 - JOE/宮脇知史
  • 伊藤弘幸
  • 石川清匠
  • 石田泰弘
  • 結婚式場スタッフ - デルチャ・ミハエラ・ガブリエラ
  • スキッド、ビートル、ローカスト、モス、トリロバイト、スパイダー、ギラファ、タランチュラ、その他アンデッド(声)、アルビローチ(声) - 塩野勝美
  • ゼブラ、ディアー、イーグル、リザード、その他アンデッド(声)、アルビローチ(声) - 大村亨
  • シェル、カプリコーン、その他アンデッド(声)、アルビローチ(声) - 福山弘幸
  • BOARD(声) - マーク・大喜多
  • アンデッド語の担当 - カリル・メクダシ

スーツアクター 編集

  • 仮面ライダーブレイド、スキッドアンデッド、ビートルアンデッド、アルビローチ - 高岩成二
  • 仮面ライダーギャレン、ギラファアンデッド、バッファローアンデッド、アルビローチ - 押川善文
  • 仮面ライダーカリス、ジョーカー、仮面ライダーランス - 伊藤慎
  • 仮面ライダーレンゲル、イーグルアンデッド、アルビローチ - 岡元次郎
  • 仮面ライダーグレイブ・アルビノジョーカー - 永瀬尚希
  • 仮面ライダーラルク - 小野友紀

外部リンク 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki