FANDOM


仮面ライダー電王+しん王』(かめんらいだーでんおうアンドしんおう、+ の部分は「アンド」と読む)は、2007年8月3日に放送された『クレヨンしんちゃん』のスペシャル番組『クレヨンしんちゃん 真夏の夜にオラ参上!嵐を呼ぶ電王VSしん王60分スペシャル!!』の中の1話。

概要 編集

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』の宣伝を兼ねたアニメ作品であり、『仮面ライダー電王』と『クレヨンしんちゃん』のクロスオーバー作品。基本的に主となるのは『しんちゃん』ではあるが、作中使用されたBGMや、変身時やラストの演出など、『電王』の要素も踏襲するこだわりも見られるものとなっている。

本作品以外にも、スペシャル内で同時に放送された作品とCMの間には、着ぐるみのしんのすけが良太郎の自宅である喫茶店『ミルクディッパー』に入ったり、デンライナーの食堂車に乗り込むといった演出がされており、『電王』のキャラクターや劇場版電王の主題歌を歌う175Rと共演するシーンも見られた。また番組の最後に、作中で「オーナーの旗」の視聴者プレゼントの告知も行われた。

後に同年12月30日に放送されたスペシャル番組『冬だっ!休みだっ!!クレヨンしんちゃん&ドラえもん!朝からどドーンと150分・SP』内でも再放送され、先のスペシャル同様に着ぐるみのしんのすけと『電王』のキャラクターとの共演も行われた。この他にも同スペシャルでは同時期放送の『獣拳戦隊ゲキレンジャー』や新番組である『仮面ライダーキバ』『炎神戦隊ゴーオンジャー』とも共演している。

基本的に遅れネットを含む全国で『しんちゃん』の枠で放送されたが、唯一宮崎県のみそれぞれを放送している局が違っているため[1]放送されていない。

バンダイから販売されている「ソフビ魂」(いわゆるソフビ人形)のおいて仮面ライダー電王 ソードフォーム、モモタロス(ちなみに上記二つは実写版ではなく、アニメ版の簡略化されたデザインの物がベースとなっている)、仮面ライダーしん王、伝説のイマジンがセットで販売される。

登場人物 編集

『クレヨンしんちゃん』の登場人物 編集

野原しんのすけ
- 矢島晶子
『クレヨンしんちゃん』の主人公。イマジンのことを最後まで暇人と呼び続けた。
ちなみに今回の話にて、ウラタロスの決め台詞である「釣られてみる?」に加えキンタロスの決め台詞である「泣けるでェ!」を劇中にて発言している。
野原みさえ
声 - ならはしみき
しんのすけの母。イマジンに取り憑かれる。
高倉文太
声 - 納谷六朗
幼稚園の園長先生。
石坂みどり
声 - 高田由美
ひまわり組の先生。

『仮面ライダー電王』の登場人物 編集

野上良太郎(のがみ りょうたろう)
声 - 佐藤健
仮面ライダー電王』の主人公。いきなりしんのすけのお尻が顔に当たるなど本作でもその不幸を披露していた。
ハナ
声 - 白鳥百合子
『仮面ライダー電王』のメインヒロイン。しんのすけに釣られかける。
ナオミ
声 - 秋山莉奈
デンライナーの客室乗務員。しんのすけがナンパの際「泣ける」と発言する。
オーナー
声 - 石丸謙二郎
名前不詳。オープニングで間違えて『世界の車窓から』のナレーションをするというギャグも披露している。
モモタロス
声 - 関俊彦
良太郎のイマジン。しんのすけから赤いぶりぶりざえもん]]というニックネームをつけられた。

オリジナルキャラクター 編集

仮面ライダーしん王
良太郎が変身する時にデンオウベルトに入り込んだしんのすけが変身した姿。
三段腹イマジン
声 - ならはしみき(ノンクレジット)
みさえに憑いたイマジン。みさえに似た外見をしており、三段腹アタックなどで電王ソードフォームを苦戦させる。戦況が悪くなると過去に飛び遅刻していない日を消そうとするも遅刻していない日が無かったというオチがつき、驚愕する。元になったおとぎ話は不明。因みに、契約する前から既に実体化していた。TVシリーズ本編で見られなかった「デンライナー内での戦闘」を行った唯一のイマジンである。
伝説のイマジン(名前不明)
ぶりぶりざえもんにそっくりなイマジン。モモタロスが肩のパーツを外してタンバリン代わりに踊ることで呼び出される。なぜかデンライナーの中でも実体化せず未契約体のままで、その上声を出そうとすると砂になって崩れてしまう。しんのすけと同様、ハナにちょっかいを出している。その後、しん王のオーラアーマーになる。

同時放送話 編集

スペシャル内で放送されたその他の作品

  • 『かき氷がキーンだゾ』 - ひまわりがかき氷を食べようと奮闘する話。
  • 『オオクワガタを捕るゾ』 - 『オオクワガタを捕るゾ 1』『オオクワガタを捕るゾ 2』(2005年8月19日放送分の再放送)の2話分放送。マサオの大事なオオクワガタを逃がしてしまった風間が、仲直りしようとする話。

脚注 編集

  1. 『しんちゃん』はテレビ宮崎、『電王』は宮崎放送

関連項目 編集

テンプレート:クレヨンしんちゃん

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki