FANDOM


劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!
監督 長石多可男
脚本 小林靖子
出演者 佐藤健
白鳥百合子
中村優一
秋山莉奈
松本若菜
溝口琢矢
永田彬
上野亮
石丸謙二郎
関俊彦(声の出演)
遊佐浩二(声の出演)
てらそままさき(声の出演)
鈴村健一(声の出演)
大塚芳忠(声の出演)
三木眞一郎(声の出演)
徳山秀典(声の出演)
萩野崇(声の出演)
齋藤ヤスカ(声の出演)
内山眞人(声の出演)
川口真五
山口祥行
星野亜希
陣内智則
渡辺裕之
音楽 佐橋俊彦
撮影 いのくままさお
配給 東映
公開 2007年8月4日
上映時間 69分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
興行収入 13億8千万円
前作 劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE
次作 劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事
allcinema
キネマ旬報
  

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』(げきじょうばん かめんライダーでんおう おれ、たんじょう!)は、2007年8月4日より東映系で公開された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組「仮面ライダーシリーズ」『仮面ライダー電王』の映画化作品である。同時上映作品は『電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦』。

概要 編集

平成仮面ライダーシリーズの劇場版としては7作目。平成仮面ライダーの劇場作品はテレビシリーズ本編とはパラレルな世界観の中でストーリーが展開することが多いが、本作品は平成仮面ライダーシリーズの劇場版で初めて、TVシリーズ本編と劇場版のストーリーが密接にリンクしている(詳細は後述のTVシリーズとのリンクを参照)。

本作の脚本を手がけたのはTVシリーズのメインライターである小林靖子。過去には『仮面ライダー龍騎』でもTVシリーズのメインライターを務めたが、劇場版ライダーの脚本を手がけるのは今回が初めてである(劇場版『龍騎』の脚本は井上敏樹が担当)。また監督は当時62歳のベテラン長石多可男が担当。夏の劇場版ライダーを手掛けるのは小林同様初めてであった。

従来のシリーズ同様、公開直前のTVシリーズエンディングでは、本作関連の映像が放送された。ただしショートムービーではなく、「映画とれたて情報」と銘打ったメイキング映像となっている。毎週、イマジンたちがナビゲートする形式で、前作までと異なりBパートと予告の間に放送された。

テンプレート:ネタバレ

ゲスト

TVシリーズとのリンク 編集

本作品とTVシリーズ本編をはじめとしたほかの電王シリーズとは、次のような描写で世界観を共有している。

  • 23、24話のゲストキャラクター・ジークが登場。
  • 25、26話には本作の時代の侑斗とデネブがタイムトラベルにより登場。それに合わせて本作のシーンが断片的に登場する。彼らの目的は様々な時間から良太郎を集め、電王ソード、ロッド、アックス、ガンフォームを集結させることだった。これが後述するTVシリーズでのクライマックスフォーム登場のきっかけとなるため、平成仮面ライダーの劇場版で行われてきた最強フォームの先行登場はなく、次作『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』がクライマックスフォーム初登場の作品となる。
  • 時期的には27話で劇場版の最初のシーンに至るまでの経緯が断片的に描かれており、28話冒頭ではアバンタイトルで本作の戦闘シーンを使用しているので、ストーリー上は27話➝本編➝28話の順になる。
  • 本作で初登場した「神の路線」や「人の記憶による破壊された街の復活」という設定は、TVシリーズにも登場する。
  • エンディングで小太郎が描いた野上一家の絵は『超・電王トリロジー EPISODE YELLOW』で再登場する。

あらすじ 編集

宝石泥棒に憑依したイマジンを追って、過去の世界に向かった良太郎たち。しかし、それはデンライナーを奪うために仕組まれた罠だった。

首謀者は時の列車ばかりを狙う強盗集団の首領・牙王。彼は“神の路線”を走り、全ての時間を支配できるという神の列車を手に入れる為、オーナー達を人質にデンライナーを過去へ走らせる。残されたのは良太郎、ハナ、モモタロス。しかも良太郎は電王として戦った記憶を無くし、モモタロスは憑依できなくなっていた。さらに10歳の良太郎(劇中で小太郎と命名される)とも遭遇。小太郎は時間を超える列車に乗ってみたいと、彼らに同行を申し出る。

一行は桜井侑斗の助けを借り、ゼロライナーでその後を追った。様々な時代を通り抜け、良太郎たちがデンライナーを発見したのは江戸時代初期の『大坂の役』の頃。そこで牙王は神の路線へ繋がる最後の封印を解こうとしていた。

主な登場人物 編集

詳細は仮面ライダー電王シリーズの登場キャラクターを参照

仮面ライダー 編集

詳細は仮面ライダー (仮面ライダー電王シリーズ)を参照

仮面ライダー電王
本作は基本4フォームとウイングフォームが登場。また、最終決戦ではゼロノスが神の路線によって連れてこられた異なる時間の3人の良太郎達をウラ(TVシリーズ25話の序盤の良太郎)、キン(TVシリーズ25話の途中の良太郎)、リュウタ(TVシリーズ26話の終盤の良太郎)が憑依し、モモが憑いてる本作の良太郎と合わせて、ソード、ロッド、アックス、ガンの4人の電王が集結した。
仮面ライダーゼロノス
本作はゼロフォーム除く2形態が登場。
仮面ライダーガオウ
牙王が変身した悪の仮面ライダー。
ミニ電王
小太郎(過去の良太郎)が変身した電王。

ガオウライナー 編集

電車型のタイムマシンで、劇中では「神の列車」と呼称される。キバと後続車両で構成される。どんな時代にも行くことが出来る特別な路線「神の路線」を走り、全ての時間を支配することが可能な特別な列車。オーナーや侑斗によると古代の王により作られたが、あまりにも強大な力を持つために1度も走ることはなかったらしい。

牙王の最大の目的であり、彼はこれを手に入れる為に今回の行動(デンライナーのジャック)を起こす。戦国時代に封印されていたが、最終的に真田幸村の協力を得た牙王が発掘し、牙王の物になる。TVシリーズ25話 - 27話にも登場。

キバ
ガオウライナーの1両目を構成する戦闘車両。モチーフはワニで、基本カラーは。マシンガオウストライカーの格納庫を兼ねており、ガオウライナー全体の制御車でもある。バトルモード時は巨大なワニのような外見となり、物質や時間を喰い尽くし消す他、ワニの口にあたる部分からフリーエネルギーの破壊光線を発射したり、上に付いている鰭をミサイルとして飛ばすことが可能。過去の時間を「変える」のではなく「消す」ため、過去の影響を受けないはずの特異点にとっても危険である。
後続車両
キバの後方に複数両(7 - 8両)が連結されている。武器は上部に装備されたミサイル。描写が無いため内部の詳細は不明。玩具も発売されなかった。

テンプレート:ネタバレ終了

キャスト 編集

声の出演 編集

  • モモタロス / M良太郎 / 仮面ライダー電王 ソードフォーム / M小太郎 / 仮面ライダーミニ電王 ソードフォーム - 関俊彦
  • ウラタロス / U良太郎 / 仮面ライダー電王 ロッドフォーム - 遊佐浩二
  • キンタロス / K良太郎 / 仮面ライダー電王 アックスフォーム - てらそままさき
  • リュウタロス / R良太郎 / 仮面ライダー電王 ガンフォーム、ゲッコーイマジン - 鈴村健一
  • デネブ / 仮面ライダーゼロノス ベガフォーム - 大塚芳忠
  • ジーク / W良太郎 / 仮面ライダー電王 ウイングフォーム - 三木眞一郎
  • モレクイマジン - 徳山秀典
  • コブライマジン - 萩野崇
  • ニュートイマジン - 齋藤ヤスカ
  • サラマンダーイマジン - 内山眞人

スーツアクター 編集

スタッフ 編集

キャッチコピー編集

  • 戦闘神、降臨! 急行せよ、時空の彼方へ。

主題歌・挿入歌 編集

『夢で逢えたなら…』
Climax Jump(Hip-Hop Version)』
冒頭のR良太郎登場シーンで流れる。

続編 編集

仮面ライダー電王 ファイナルステージ
『仮面ライダー電王』のTV放映終了を記念してのイベント。本作とともに、TV本編の後日談にもなっている。

トピックス 編集

  • 電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦』と本作の間に、劇場版シリーズ初となる短編作品『モモタロスのなつやすみ』を上映(此れ迄は2作品を続けて上映していた)。この作品は、TVシリーズのモモタロス・ウラタロス・キンタロス・リュウタロス・デネブに加え、『ゲキレンジャー』のマスター・シャーフーも登場する、クロスオーバー作品となっている。
  • 前売り券の購入特典として、電王 ソードフォームとゲキレッドがそれぞれ描かれた「仮面ライダー電王 交通安全お守り」と「ゲキレンジャー 身体健勝お守り」が配布された(どちらか1つ選択)。お守りは、大ヒット祈願で参拝した豊川稲荷東京別院(赤坂豊川稲荷)で魂が込められている。
  • 7月7日からのプレミア付き前売り券の購入特典に、モモタロスの未契約バージョン付き前売り券が発売。販売当日で売り切れるという事態が全国各地で発生した。
  • 同じテレビ朝日系列で放送されているアニメであるクレヨンしんちゃんにおいて、この映画の宣伝を兼ねた60分スペシャル番組(クレヨンしんちゃん 真夏の夜にオラ参上! 嵐を呼ぶ 電王VSしん王 60分スペシャル、2007年8月3日)が編成され、クロスオーバー作品が放映された(「仮面ライダー電王+しん王」)。
  • 夏休み期間中に行われるスタンプラリー東京急行電鉄阪急阪神東宝グループ系鉄道(阪急阪神能勢)、JR九州で行われていた。そのうち東急ではラッピング電車の運行、阪急では握手会なども行われた。
  • エイベックスが音楽に関わる平成ライダー作品では、従来映画封切前に劇場版サウンドトラックが発売されていたが、本作のサウンドトラックは諸般の事情により公開開始から約2ヵ月半遅れ、2007年10月24日に発売された。
  • 本作品は2009年8月2日15:30 - 17:25枠、テレビ朝日系でノーカットによる地上波初放送された。

映像ソフト化 編集

  • デンライナーの車窓から 劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! メイキング(2008年1月21日発売)
撮影風景のドキュメンタリー、スタッフやキャストのインタビューを収録。2007年7月21日にDVDが発売された。
  • 劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!(DVD:2008年1月21日発売、BD:2009年4月21日発売)
本編、映像特典(劇場予告)を収録。BDのみ、おまけ上映の「モモタロスのなつやすみ」を収録。
  • 劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック(DVD:2008年1月21日発売)
前項のDVDに加え、舞台挨拶やメイキング映像を収録したボーナスディスク(DVD)2枚を追加。初回限定生産分はスペシャルパッケージ仕様、ライダーチケット型ライナーカードを封入。
未公開エピソードを追加・再編集、CG修正やBGM変更を施した本編と、同時上映された「モモタロスのなつやすみ」を収録。例年のディレクターズカット版に相当する。初回生産分の封入特典はスペシャルCD。

脚注 編集

  1. 仮面ライダーミニ電王のスーツアクターも一部兼任

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は仮面ライダー電王 俺、誕生!にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。