FANDOM


劇場版 仮面ライダー響鬼と
七人の戦鬼
監督 坂本太郎
脚本 井上敏樹
出演者 細川茂樹
栩原楽人
渋江譲二
川口真五
松尾敏伸
森絵梨佳
安倍麻美
音楽 佐橋俊彦
撮影 いのくままさお
配給 東映
公開 2005年
上映時間 75分
製作国 日本
言語 日本語
興行収入 11億円
前作 仮面ライダー剣 MISSING ACE
次作 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE
  

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(かめんライダーひびき と しちにん の せんき)は、2005年9月3日に全国東映系で公開されたテレビ特撮ドラマ『仮面ライダー響鬼』の劇場用オリジナル映画作品である(『魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁』と併映)。

概略 編集

本作はそれまでの平成仮面ライダーシリーズの劇場版同様、TVシリーズとは厳密には話は繋がっておらず、物語の大半はTVシリーズの過去(戦国時代)の物語と位置づけ展開されている。この事から本作を制作した東映では、この映画を“仮面ライダーシリーズ初の時代劇”と位置付けている(ただし、細かい時代考証は無視されており、脚本の井上敏樹曰く“ハイパー時代劇”)。タイトルにも表れているように、黒澤明の『七人の侍』を意識した作りになっているほか、時代劇の代表作へのオマージュが含まれている。

前4作ではテレビのパイロット監督が映画も監督するのが定番となっていたが本作のみテレビのパイロット監督であった石田秀範ではなく坂本太郎が担当している。同時に坂本にとっては映画初監督作品となった。またHERO SAGAにて本作の後日談のストーリーが掲載された。

本作の東映プロデューサー・白倉伸一郎は当初響鬼を手掛けるのは劇場版のみの予定であったが、諸事情によりその後TVシリーズも手掛けることになった。また井上も劇場版のみの予定だったがその後のTVシリーズのメインライターを担当している

音楽はTVシリーズ同様佐橋俊彦が担当。劇場版ではオーケストラサウンドを起用。劇場版限定の多数のライダーが登場するが、ヒビキには和太鼓、トドロキにはギター、イブキには金管といった楽器によってそれぞれのライダーの特徴を表現する手法は避けられている。歌舞鬼、煌鬼以外、テーマ音楽は作られていない。

仮面ライダーアギト』以来4年ぶりに、劇場版オリジナルの主題歌が用意された。味方側の劇場版オリジナルライダーが戦死しないという、平成ライダーシリーズの劇場版では異色である。本作公開直前のTVシリーズエンディングでは、毎回劇場版のライダーを紹介するショートムービーが放送された。


あらすじ 編集

現代の日本の海岸で巨大魔化魍・オロチが出現し、ヒビキと明日夢が駆けつけ戦うが、オロチに敗れ昏睡状態になる。明日夢はヒビキを救う手がかりを猛士の古文書のオロチの記述からさぐると、そこには自分と同じ「明日夢」という名が載っていた。

古文書に書かれていたのは戦国時代のとある村。そこにはオロチが毎年生贄を要求していた。生贄にひとえが選ばれ、明日夢はなんとかしようと立花藤兵衛に相談、に救ってもらおうと言う案の元、明日夢達は鬼探しに行く。

最初に出会った鬼・カブキは協力を約束、彼の紹介である鬼の元へ行く。しかし明日夢はその男・ヒビキに会い激怒した。彼は明日夢の兄・猛士の師匠だったが、明日夢は猛士をヒビキに殺されたと思っていた。ヒビキも「自分は鬼を辞めた」と言い協力を断る。その後、明日夢達はトウキ、イブキ、キラメキ、ニシキ、ハバタキ、トドロキをさそい、オロチ撲滅を目指す。

登場人物 編集

編集

ヒビキ / 響鬼
現代のヒビキと同じ顔をもつ戦士。明日夢の兄・猛士を弟子にしていたが、彼を事故で死なせてしまったことから鬼を引退し、人里離れた場所で鍛冶屋を営んでいた。
イブキ / 威吹鬼
現代のイブキと同じ顔をしている戦士。鬼の力を用いて戦を勝ち抜き大名になったが、退屈な城暮らしに飽き、その地位を捨ててオロチ退治に協力する。
トドロキ / 轟鬼
現代のトドロキと同じ顔をしている戦士。普段は大工をして生活をしている。ヒビキとは以前から親交があり、彼が引退した時に音角を預けられていた。
カブキ / 歌舞鬼
関東代表の鬼。
トウキ / 凍鬼
北海道代表の鬼。
キラメキ / 煌鬼
東北代表の鬼。
ニシキ / 西鬼
関西代表の鬼。
ハバタキ / 羽撃鬼
九州代表の鬼。

一般人 編集

明日夢
現代の安達明日夢と同じ顔を持つ少年。ひとえとは兄妹同然に育った関係であり、彼女が生贄に選ばれたことを、誰よりも強く反対した。かつて実の兄、猛士を失っており、その原因となったヒビキのことを恨んでいたが、兄のヒビキを尊敬する気持ちを、兄が残した刀から感じ取り、ヒビキにその刀と兄の思いを託す。そして、戦いが終わった後、藤兵衛が考えた鬼を支える組織に、己の兄「猛士」の名前をつけた。
ひとえ
現代の持田ひとみと同じ顔を持つ少女。鈴に続いてオロチの生贄に選ばれてしまう。最初の鬼たちの戦いが敗北に終わった後、呪いによって重い病にかかり、村人からは村のために無理やり生贄にされそうになるが、間一髪のところをヒビキに助けられる。
立花藤兵衛
現代の立花勢地郎の先祖で、勢地郎と同じ顔を持つ。名前の由来は立花藤兵衛から。
かずえ、ひなこ
現代の立花香須美、立花日菜佳と同じ顔を持つ姉妹で藤兵衛の実の娘たち。明日夢と共に鬼に助けを求める旅に赴き、ひとえのことも村人から庇おうとした。
現代の天美あきらと同じ顔を持つ少女。一年前、村のために自らオロチの生贄となり、明日夢とひとえの目の前でオロチに喰い殺され、止めようとした父親も、童子と姫に殺された。
猛士
明日夢の実兄。鬼になることを夢見て、ヒビキに弟子入りしていたが、修行中の事故で命を落とす。そしてそれが、明日夢が鬼を憎み、ヒビキが鬼をやめる原因となった。
ハバタキの女房
現代の滝澤みどりと同じ顔を持つ女性。ハバタキがひそかに鬼の訓練を続けていることに気付いており、必ず生還することを条件に彼を戦場へ送り出した。
手毬の少女
カブキ達が仲間集めの途中に寄った蕎麦屋の横で、手毬をついていた少女。その正体は…。
役人
ニシキの処刑を担当した役人。しかし、ニシキの最後の頼みを聞き入れたばかりに、処刑は失敗。驚きを隠せずにいた。

音式神(カラクリ動物) 編集

現代で言うディスクアニマル。詳細は音式神を参照。

魔化魍 編集

以下、劇場版にのみ登場の魔化魍について記述する。

古来より妖怪や物の怪として伝承されている怪物。戦国時代では複数の魔化魍が鬼岩城を根城として集まり、血狂魔党(ちぐるまとう)を組んでいる。

血狂魔党 編集

戦国時代の魔化魍達が組んでいる組織で、鬼岩城を根城としている。魔化魍オロチが事実上の首領で、オロチの童子・姫が幹部格、魔化魍忍群が戦闘員的存在である。

オロチの童子・姫 編集

オロチを育てている童子と姫。顔に半分仮面を付けている。戦闘時には怪童子・妖姫ではなく、仮面が顔全体を覆った戦闘形態・仮面態になる。刀や鉄扇を武器にし、また炎を操る事もできる。

魔化魍 編集

オロチ(大蛇
伝承では一般的に大蛇(おろち)として伝えられる戦国時代最強の大型魔化魍。普段は鬼岩城に潜んでいる。自由に飛行し、口から三千度の火球を吐き尻尾で敵を打ちのめす。現代にも現れ、とある海岸に現れた。
ヒトツミ(二口女
伝承では一般的に二口女として伝承されている等身大魔化魍。本来は血狂魔党に所属する魔化魍ではなかったが、鬼たちを倒すため、童子・姫に協力を依頼され参戦する。普段は町娘の姿に化けているが、その正体は2つの顔を持つ西洋甲冑に似た姿をしている。槍と盾を持ち、口から毒霧を吐く能力を持つ。好物は鬼の血。
火焔大将(鎧武者の化け物)
伝承では一般的に鎧武者の化け物として伝承されている等身大魔化魍。とある村を襲っているところを歌舞鬼に倒されるが、その後再び鬼たちの前に姿を現す。豪炎魔剣という刀を持ち、炎を操る事ができる。
魔化魍忍群(化け狐)
伝承では一般的に化け狐として伝承されている血狂魔党の雑兵。赤い仮面は紅狐(べにぎつね)、白い仮面は白狐(びゃっこ)と呼ばれる。鎌を武器に集団で戦う。
バケガニ(化け蟹
テレビ本編にも度々登場する大型魔化魍。山奥に出現した。血狂魔党とは関係ない。体は赤色。
イッタンモメン(一反木綿
ディレクターズカット版のみ登場する大型魔化魍。山奥に出現した。血狂魔党とは関係ない。体は黒色。

キャスト 編集

スーツアクター 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

  • 「Flashback」
    • 作詞 - 藤林聖子 Rap詞 - m.c.A・T 作曲・編曲 - 大平勇 & SJR 歌 - Rin' featuring m.c.A・T(AVCA-22358)

漫画 編集

作画は栗橋伸祐講談社マガジンZKC。現代の描写が無く、代わりに戦国時代の響鬼が装甲響鬼になり、オロチ(戦国時代)との決着のシーンが描かれている。また、ヒトツミが登場せず(これにより歌舞鬼の最後の描写も異なる)、バケガニも登場しない。

備考 編集

  • ヒトツミのデザインや魔化魍の組織「血狂魔党」のネーミングは、往年の特撮ヒーロー時代劇『変身忍者 嵐』へのオマージュと考えられる。
  • 当初、新聞などの紹介で「劇場版限定の響鬼・忍者フォームが出る」と書かれていたが実際には登場せず、例年通り、最強フォームである装甲響鬼(アームド響鬼)がTVシリーズに先駆け登場した。
  • カブキ役の松尾敏伸は『仮面ライダー555』に森下義正役でゲスト出演したことがある。
  • キラメキ役の山中聡は2009年の『仮面ライダーディケイド』でアギト(及びエクシードギルス及びG3)/芦川ショウイチ役でゲスト出演し、再びライダー役を演じた。

映像ソフト化 編集

  • O・N・I 劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 メイキング(DVD:2005年9月9日発売)
撮影風景のドキュメンタリー、スタッフやキャストのインタビューを収録。
  • 劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼(DVD:2006年1月21日発売、BD:2009年7月21日発売)
本編、映像特典(劇場予告)を収録。DVD版は初回生産限定の「特別限定版」をリリース予定であったが、諸般の事情で発売中止になった。
  • 劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 ディレクターズカット版(DVD:2006年5月21日発売)
未公開シーンを追加し、再編集したディレクターズカット版を収録。ボーナスディスクには映像特典(前述のメイキングの再編集版、データファイルなど)を収録。特別限定版には、特製ライナーカード、前述の通常版DVD「特別限定版」に封入予定だったソフトビニール人形「仮面ライダーカブキ リアル重塗装版」を封入。

関連項目 編集

テンプレート:Movie-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。