FANDOM


劇場版 仮面ライダー龍騎
EPISODE FINAL
監督 田﨑竜太
脚本 井上敏樹
出演者 須賀貴匡
松田悟志
杉山彩乃
菊地謙三郎
涼平
弓削智久
萩野崇
加藤夏希
音楽 渡部チェル丸山和範
配給 東映
公開 2002年8月17日
製作国 日本
言語 日本語
前作 仮面ライダーアギト PROJECT G4
次作 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト
  

劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』(かめんライダーりゅうき エピソードファイナル)は、連続テレビ特撮ドラマ『仮面ライダー龍騎』を基にして2002年8月17日に全国東映系映画館にて劇場公開された劇場用オリジナル特撮映画作品(『忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッと THE MOVIE』と併映)。

作品概要 編集

本作は「平成ライダーシリーズ」の劇場版映画としては第2作目。当初、仮面ライダーの劇場版は30周年記念の前作『仮面ライダーアギト』のみの予定であったが興行収入で大ヒットを収め、次作である『仮面ライダー龍騎』も映画化となった。それ以降の仮面ライダーシリーズも映画化されている。

TVシリーズの外伝的ストーリーが描かれた前作『アギト』に対し、今作ではイベント的な側面を強化、「TVシリーズに先駆けて最終回を先行公開する」ことをアピールし(余談だが、この事をテレビで初披露した回は神崎士郎の『ライダーバトルは終わりだ』という台詞で終わった為、一瞬打ち切りかと思った視聴者も)、物語が終焉を迎える最後の3日間を描いた。しかし結果的には実際のTVシリーズとは結末の異なる「もうひとつの最終回」という扱いになっている。

当初TVシリーズの結末も劇場版と同じ、または近い形を想定していたらしいが、公開後に劇場版に無関与のメインライター・小林靖子に結末を一任することになり、劇場版とは別解釈の結末となった。TVシリーズ終了当時雑誌でプロデューサー・白倉伸一郎は脚本家の違いから、劇場版を「井上最終回」、TVシリーズ最終回を「小林最終回」と呼び、小林には劇場版は読まなくていいですと指示した。またテレビシリーズ最終回の監督も田崎竜太ではなく石田秀範であった。

公開中はもちろんのこと、公開終了後も情報の露出が徹底的に制限され、終盤の展開やリュウガの正体は実際に映画を見た人にしか分からないようにされていた(これらの情報は、TVシリーズの放送終了に合わせて正式に公開されている)。また、マスコミ用に配布された台本も後半の部分は削除されていた。

商品展開的に見るならば、TVシリーズに先駆け龍騎サバイブが登場していることがポイントと言える。

また劇場版『アギト』では友情出演として藤岡弘、が出演したが、本作では当時既にメジャー俳優として活躍していた賀集利樹要潤等の『アギト』のレギュラー陣が友情出演している。

メイキングのDVDは2002年8月9日、本篇のDVDは2003年1月21日、ディレクターズカット版は同年5月21日に発売された。本編のブルーレイディスクは2009年5月21日発売予定

あらすじ 編集

2002年冬、自らの願いを叶えるために戦っていた13人の仮面ライダー達は 龍騎、ナイト、ゾルダ、王蛇、ファム、そして「現れていないライダー」の6人となっていた。

ある日、ライダーの戦いを仕掛けた男・神崎士郎は生き残ったライダーたちに「自らの願いを叶えるタイムリミットは残り3日」であると告げる。戦いを止めようとする城戸真司の声も虚しく、勝者になるべく戦いを繰り広げるライダーたち。そんな中、龍騎と同じ姿をしたライダー・リュウガが最後の参戦者として暗躍し始める。

様々な謎が錯綜する中、ライダーたちの最後の戦いが始まる。

主な登場人物 編集

仮面ライダー龍騎の登場キャラクターを参照。

仮面ライダー 編集

仮面ライダー (仮面ライダー龍騎)を参照。

キャスト 編集

スーツアクター 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

  • Alive A life-Advent Mix-
    • 作詞 - 海老根祐子 作曲 - 和田耕平 編曲 - 安藤高弘 歌 - 松本梨香

オリジナル・サウンドトラック 編集

TV版と同じく渡部チェルと丸山和範による作・編曲。劇場版BGM・EDテーマ+TV用の主要BGMという構成となっている。映画公開より18日前に発売された。


脚注 編集


外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki