FANDOM


仮面ライダー555
テレビドラマ
原作 石ノ森章太郎
監督 田崎竜太長石多可男石田秀範
田村直己鈴村展弘
制作 テレビ朝日東映ADK
放送局 テレビ朝日
放送期間 2003年1月26日 - 2004年1月18日
話数 全50話
テンプレート使用方法 ノート

仮面ライダー555』(かめんライダーファイズ、欧文表記:MASKED RIDER Φ's)は、2003年平成15年)1月26日から2004年(平成16年)1月18日までテレビ朝日系列で毎週日曜8時00分から8時30分(JST)に放映された特撮テレビドラマ作品、及び作中で主人公が変身するヒーローの名称。

「平成仮面ライダーシリーズ」第4作である。キャッチコピーは「疾走する本能」。

関連作品

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

西暦2003年。九州で一人旅をしていた青年乾巧は、そこに居合わせた少女園田真理とともに、謎の怪人オルフェノクに襲われる。真理は持っていたベルトを装着して超戦士ファイズに変身しようとするが失敗し、無理やり巧にベルトを着け、彼をファイズに変身させることで窮地を脱した。どうやらオルフェノクたちは、そのベルトを狙って真理を襲ったらしい。その後二人はクリーニング屋菊池啓太郎と出逢い、事情を知った彼の勧めで東京にある彼の家で3人の共同生活を始めることになる。

一方、東京で暮らしていた青年木場勇治は、2年前の交通事故によって両親を失い、自らも2年間の昏睡状態を経て死亡したかに見えた。しかし、勇治は謎の蘇生を遂げ、周囲を混乱させる。自らも混乱したまま帰宅する勇治だったが、自宅は既に他人のものとなっていた。叔父一家が自分が眠っている間に財産を根こそぎ利用していた事実を知った勇治は、異形の怪物に変身し、自分を裏切った恋人と従兄弟を手にかけてしまう。
肉体の変貌と侵した罪に絶望する彼の前にスマートレディという女性が現れ、事の真相を告げる。勇治は一度の死亡により、オルフェノクとして覚醒したのだった。スマートレディが属するオルフェノクの組織スマートブレイン社に囲い込まれた勇治は、同じようにオルフェノクとして覚醒した長田結花海堂直也の二人と行動を共にするうちに、人類を敵視するスマートブレインの姿勢に反発し、人類とオルフェノクの融和を考えるようになる。

巧と勇治。2人の男の物語を中心に、ベルトを、ひいては人類の未来を巡って、オルフェノクと人類の戦いが幕を開けた。

概要 編集

特徴 編集

平成仮面ライダーシリーズ」の第4作で、石ノ森章太郎生誕65周年記念番組でもある。劇中で「仮面ライダー」という言葉を用いることはなかった。東映プロデューサー・白倉伸一郎は前作『仮面ライダー龍騎』との対比で「龍騎がカラフルなら、555はモノトーン」と喩えた。

従来描かれることの少なかった怪人側のドラマにも本格的にスポットが当てられ、怪人(オルフェノク)へと変わってしまった者たちの苦悩が描かれている点が、本作の大きな特色である。厳密に言えば、昭和の仮面ライダーシリーズでも敵組織の大幹部の過去の経歴には、それ相応のドラマが設定されており、書籍等では時折そのことに触れられてもいた。しかし映像本編で直接怪人の人間ドラマを描くことは、「ヒーローが殺人者に見えてしまう」というデメリットから敬遠されていたという。同じ東映制作の「スーパー戦隊シリーズ」や「メタルヒーローシリーズ」でも敵側に焦点を当てた作品は過去に存在するが、「仮面ライダーシリーズ」での作劇は初の試みであった。

本作では、ライダーに変身する人間が善良とは言えない者だったり、逆に怪人・オルフェノクにも正しい心を持つ者がいたり、単純な善悪二元論では割り切れない群像劇が織りなされた。劇中では「人間と怪人の共存」が作中のテーマとして取り上げられ、ライダーに変身する主人公・乾巧も中盤以降、人間に危害を加えない、あるいは改心する見込みのあるオルフェノクに対しては止めを刺さないというスタンスを採っている。様々な立場のオルフェノクと人間、それぞれの思惑が交錯する入り組んだストーリーはシリーズ中、特に複雑なものとなっている。「人間と怪人の共存」のテーマは『仮面ライダーカブト』及び『仮面ライダーキバ』でも描かれた。

従来のシリーズにおける仮面ライダーは、『龍騎』を除いて変身のために必要なベルトや機構が何らかの理由によって体内に存在している場合がほとんどだったが、本作では『龍騎』同様に外付けの変身アイテムを用いて変身する設定となっており、そのため劇中に登場する各ライダーにも複数の変身者が存在し、時には敵であるオルフェノクがライダーに変身することもある。ただし、『龍騎』のようにアイテム(と契約)があれば誰でも容易に変身できるわけではなく、必要な要素がないと繰り返しの変身、あるいは変身自体ができないため、「条件が満たされていないと仮面ライダーの資格がない」という点で従来と同等の設定もまだ活きている。本作ではアイテムの争奪戦が物語の主軸の一つとなっており、脚本の井上敏樹は本作を「主人公はベルト」「3本のベルト物語」と評している。

携帯電話など電子機器をモチーフにした「ファイズドライバー」を始めとする変身ベルトの玩具は、100万本以上を売り上げる大ヒット商品となった。『仮面ライダーW』のダブルドライバーに抜かれるまで[1]平成仮面ライダーシリーズの変身ベルトとしては最多売上を誇っていた。

次作以降は年末年始特番による休止が入るようになり、本作の放送話数50話に達するものがなくなっている。

なお、月刊ホビージャパン2003年10月号から2004年3月号掲載の『MASKED RIDER AGITΩ EDITION -HEAVEN'S DOOR-』では『仮面ライダーアギト』と今作の世界は同じ時系列とされていたが、「S.I.C.HERO SAGA VOL.2」掲載版では、それをうかがわせる設定が変更になっている。

製作 編集

脚本は井上敏樹が全エピソードを担当している。1 - 2クールの作品で全話を1人の脚本家が担当するケースはよく見られるが、30分番組とはいえ4クールの作品では異例である。なお、井上の父である伊上勝も『仮面の忍者 赤影』4クール(52話)を全話担当しており、奇しくも親子2代で同じ記録を残したことになる。

主要キャストは10代後半から20代前半の若いキャストで固められている。

この他、キャラクターデザインには前作より引き続きの参加となる篠原保が、音楽面ではゲームやアニメ作品を中心に劇伴を手がける松尾早人が起用された。松尾は東映作品としては現時点で唯一の登板となる。また仮面ライダーファンを公言しているISSA(DA PUMP)が主題歌の歌唱を担当した。

作品詳細 編集

仮面ライダー555の登場人物」および「仮面ライダー (仮面ライダー555)」を参照

オルフェノク 編集

オルフェノクとは人類の進化形態で、人間が一旦死を迎えた後に再度覚醒したものである。通常外見は人間だった時と同一だが、自らの意志で動植物の特性と高い戦闘力を持った異形へ変化する(複数の形態を併せ持つ者も居る)。それはその人が潜在的に抱いている「戦う姿」が具体化したものである[2]。どの個体も体色は灰色が基調だが、これは”死”や”滅亡”のイメージ(具体的には”死体”)を表している[3]。変化する場合、瞳が灰色になり、顔にモチーフとなっている物の模様が浮かび上がり、変化する。初期は変化するオルフェノクのモチーフとなった動植物の体の一部が浮かび上がっていたが、中盤からは変化するオルフェノクの顔が浮かび上がっていた。オルフェノク状態で人間の言葉を発する際には、足元の影が青白い裸身の人間の上半身になる。ラッキークローバーなどの強力なオルフェノクは、人間態でもある程度はその力を発揮することが可能であり、並みのオルフェノク相手ならば戯れ程度に薙ぎ倒す。

全てのオルフェノクには腹部(ショッカーの怪人で言うベルトのバックル部)に共通の紋章がある。これは三方向に伸びた矢印であり、三つの矢印がそれぞれ「命あれ」「形あれ」「姿あれ」と願う”心”を象徴していて、人間がオルフェノクへと進化する段階を表している[3]

オルフェノクは人間の中から半ば自然的に発生する存在であるため、種全体として組織化されているわけではない。オルフェノクとして覚醒した者が現れると、スマートブレインはいち早く接触を図って同種として受け入れ、オルフェノクに関する知識と援助を与える一方で、管理下に置こうとする。しかし、スマートブレインの統制力は限定的なものに留まる。

オルフェノクの多くはその力に溺れて人間性を喪失し、人間社会に紛れて生活しながらも密かに人間を襲い(仲間を増やすことにも繋がる)、人間との共存が不可能だと考えて自分たちだけの世界を作ることを目指す。木場たちのように共存を望む者や、人間として生きようとする者もいるが、人間を襲わないオルフェノクはスマートブレインから「裏切り者」と称され、刺客による抹殺の標的にされる。

尚、彼らの存在意義は「いずれ地球の代表者として”何者か”と戦うために生まれてきた」「地球意志が、人から更に次元の進んだ存在を造り、人と競わせることで精神の進化を促しているようでもある」「地球上の生物全てを背負ったオルフェノクという種そのものが、いずれ”ノアの方舟”になるのではないか」とされ、そういう意味では彼らの心自体は人と何ら変わらないという[3]

オルフェノクは最期の時、青白い炎に包まれ灰になって死を迎える(デルタに倒された場合は赤い炎になる)。強力なフォトンブラッドによる攻撃(ライダーの必殺技)を受けて倒された場合は、青い爆発と共に瞬時に灰と化す。また、寿命が近づくと時々体が僅かに灰化し、死期には一気に灰となって崩れる。進化が極めて急激になされるため、体が耐えきれず、「オルフェノクの王」に頼らなければいずれ絶滅する。

「オルフェノク」という名称は、ギリシャ神話に登場する「オルフェOrpheus)」と旧約聖書に登場する「エノクEnoch)」をかけあわせた造語であるとされている。命名の経緯については、井上敏樹#作品にまつわるエピソードを参照。

ラッキークローバー 編集

オルフェノクのエリート集団。スマートブレイン社から高級住宅の提供や施設の利用など、あらゆる面で優遇されている。メンバーの一人である琢磨は、ラッキークローバーは協力者であって部下ではないと村上に釘を刺している。初登場時メンバーは、琢磨逸郎(センチピードオルフェノク)、影山冴子(ロブスターオルフェノク)、ジェイ(クロコダイルオルフェノク)、北崎(ドラゴンオルフェノク)の4人[4]。ジェイの死亡後は1つの空席を巡って複数のオルフェノクが候補となり、一度は澤田亜希(スパイダーオルフェノク)がJの後釜となったが、利益となり得る考えなしにデルタギアを流星塾のメンバーに渡したことが原因で、村上の怒りを買って放逐された。 テンプレート:ネタバレ終了

キャスト 編集

レギュラー・準レギュラー 編集

声の出演編集

  • トードスツールオルフェノク、スロースオルフェノク、人間体未登場のオルフェノク - 塩野勝美
  • アークオルフェノク - 家中宏
  • ナレーション、ドライバー音声 - 假野剛彦

ゲスト 編集

括弧内は登場話数。後に一部役名が変更された人物もいる。

  • 森下千恵 - 勝村美香 (1-3)
  • 木場一彰 - 阿部進之介 (1、2)
  • 木場勇治の父 - 加瀬慎一 (1)
  • 木場勇治の母 - 竹井みどり (1)
  • 牧野大介 - 小山裕達 (1)
  • 野間航平 - 杉内尚 (1)
  • 井沢博司 / スティングフィッシュオルフェノク(声) - 木下政信 (1)
  • ロングコートの男 / エレファントオルフェノク(声) - 永沢巽 (2)
  • 質屋さん - つじしんめい (2)
  • 青木 / オックスオルフェノク(声) - 田中仁浩 (3)
  • 長田道子 - 大久保綾乃 (3, 4)
  • 長田道子の友人 - 佐藤寛子松坂紗良 (3, 4)
  • 長田結花の父 - 樋渡真司 (3, 4)
  • 長田結花の母 - 落谷ひとみ (3, 4)
  • 緑川 / マンティスオルフェノク(声) - 佐藤幹雄 (3, 4)
  • 赤井 / カクタスオルフェノク(声) - 山﨑勝之 (3, 4)
  • 戸田英一 / スクイッドオルフェノク(声) - 影丸茂樹 (5)
  • マスター - 吉満涼太 (5)
  • 工場主 - 永田耕一 (6)
  • 黒田和彦 - 山本一輝 (7, 8)
  • 眼鏡の男 / スカラベオルフェノク(声) - 八木正純 (7, 8)
  • 教授 / オウルオルフェノク(声) - 小倉一郎 (7, 8)
  • 社員 - 新井律男 (9, 18)
  • 覆面の男 / スネイルオルフェノク(声) - 鈴木浩司 (9, 10)
  • 草加一郎 - 若林 誠 (13)
  • 自転車の男 / フライングフィッシュオルフェノク(声) - 田口亮 (16, 17)
  • 森下義正 / アルマジロオルフェノク(声) - 松尾敏伸 (16, 17)
  • 倉田恵子 - 新穂えりか (18, 19)
  • 倉田幸子 - 長谷部香苗 (19)
  • ピエロ(サンドイッチマン) / トードスツールオルフェノク - 立川真也 (18, 19)
  • 青木茂久 / ドルフィンオルフェノク(声) - 皆川猿時 (20, 21)
  • 大野木 / スコーピオンオルフェノク(声) - 坂田鉄平 (20, 21)
  • 浩一 / ワームオルフェノク(声) - 田村圭生 (22, 23)
  • サラリーマン風の男 / シーキュカンバーオルフェノク(声) - 河野達郎 (22)
  • 小林義雄 / ラビットオルフェノク(声) - 内山眞人 (24, 25)
  • クラブの男 / フロッグオルフェノク(声) - 森嶋將士 (26)
  • 木村沙耶 - 斉藤麻衣 (26 - 28)
  • ゴージャスな男 / ソードフィッシュオルフェノク(声) - 舘正貴 (31, 32)
  • 村上の部下(スマートブレイン社員) / ライノセラスビートルオルフェノク(声) - 大塚幸太 (33)
  • 村上の部下(スマートブレイン社員) / スタッグビートルオルフェノク(声) - 千葉誠樹 (33 - 35)
  • 若い男 / オクトパスオルフェノク(声) - 高畑雄亮 (36)
  • 琢磨の手下の青年 / ピジョンオルフェノク(声) - 青戸昭憲 (37)
  • 眼鏡の男 (スマートブレイン社員) / バーナクルオルフェノク(声) - 白井雅士 (37, 38)
  • 青沼 / スロースオルフェノク - 栗原一馬 (39)
  • クラブオルフェノク(声) - 松田悟志 (41,42)
  • サングラスの男 / バットオルフェノク(声) - 大塚太心 (43 - 45)
  • 皮ジャンの男 / コーラルオルフェノク(声) - 成田浬 (46)
  • 現場監督 - 井上敏樹(最終話・特別出演)

スーツアクター 編集

スタッフ 編集

主題歌・挿入歌 編集

主題歌
Justiφ's
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 佐藤和豊 / 編曲 - 中川幸太郎 / 歌 - ISSA (DA PUMP)
第1話と最終話にはOPが存在しない。
挿入歌
放送フォーマットとしてのEDは存在しないが、EDテーマと呼ばれる楽曲は従来通り制作されている。これらの曲は、各話のクライマックスで挿入歌的に使われた。なお、最終回のクレジットは「Justiφ's」が使われた。
「Dead or alive」(第2話‐)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 吉田勝弥 / 編曲 - 近藤昭雄 / 歌 - 石原慎一
「The people with no name」(第21話‐)
作詞 - 藤林聖子 / ラップ詞 - m.c.A・T / 作曲 - 渡部チェル / 編曲 - RIDER CHIPS / 歌 - RIDER CHIPS Featuring m.c.A・T
詞が異なる「Rap #1 version」も存在する。シングルはオリジナルバージョンが限定盤、Rap #1 versionが通常盤として発売された。
「EGO 〜eyes glazing over」(第33話‐)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - 渡部チェル / 歌 - ICHIDAI
「Justiφ's-Accel Mix」(第40話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 佐藤和豊 / 編曲 - 三宅一徳 / 歌 - ISSA
本来は劇場版の主題歌として用意されたもの。

放映リスト 編集

各回にはタイトルは無く、ここで「放映題」としているものは、新聞のテレビ番組欄やテレビ番組情報誌、テレビ朝日公式ページにて表記されたものである。なお、シナリオタイトルも、先行して特撮専門誌やホビー情報誌に「仮タイトル」として掲載されることが多いため併記した。なお脚本は全話井上敏樹のため省略。各話終了後には数本のフォトンブラッドが流れ四角形に形成される演出だった。

放送日話数放映題シナリオ題登場オルフェノク監督
2003年
1月26日
1旅の始まり 旅の始まり 田﨑竜太
2月2日2ベルトの力
2月9日3王の眠り 俺の名前 長石多可男
2月16日4おれの名前
2月23日5オリジナル 3人と3人 石田秀範
3月2日63人×3人 -
3月9日7夢の力 夢の守り人 田﨑竜太
3月16日8夢の守り人
3月23日9社長登場 上の中の下 長石多可男
3月30日10謎のライダー
4月6日11謎のベルト -
4月13日12流星塾 カイザの日 石田秀範
4月20日13敵か味方か
4月27日14巧の意地 落ちた偶像 - 田﨑竜太
5月4日15落ちた偶像〜φ's vs χ
5月11日16人間の心 手の平の灰 田村直己
5月18日17巧、復活
  • フライングフィッシュオルフェノク
  • アルマジロオルフェノク
5月25日18九死に一生 真っ白の波 長石多可男
6月1日19純白の正義
6月8日20美しき刺客 加速する魂 石田秀範
6月22日21加速する魂
6月29日22雅人の告白 三角の予感 田村直己
7月6日23偽りの友情
  • ワームオルフェノク
7月13日24闇への扉 闇の実験者 長石多可男
7月20日25闇の実験室
7月27日26デルタ登場 デルタ出る 石田秀範
8月3日27流星塾分裂 -
8月10日28暗黒の四葉
8月17日29超絶バイク 超絶バイク 田村直己
8月24日30雅人の罠
8月31日31折り紙の涙 絡み合う糸 鈴村展弘
9月7日32絡み合う糸
9月14日33真理、死す 真実の姿 長石多可男
9月21日34真実の姿 -
9月28日35復活の謎 再会と別離と
  • スタッグビートルオルフェノク
石田秀範
10月5日36甦える記憶
10月12日37カイザの正義 彷徨と咆哮 鈴村展弘
10月19日38彷徨える魂
10月26日39ファイズ2 赤ファイズ 田村直己
11月9日40人間の証
  • オクラオルフェノク
11月16日41捕獲開始 涙する少女 長石多可男
11月23日42折れた翼
  • クラブオルフェノク
11月30日43赤い風船 最後のメール 石田秀範
12月7日44最後のメール
12月14日45王の目覚め 王の目覚め 田﨑竜太
12月21日46新社長誕生
12月28日47王の出現 雅人、散華 - 長石多可男
2004年
1月4日
48雅人、散華
1月11日49滅びゆく種 田﨑竜太
1月18日50俺の夢

視聴率編集

放映ネット局 編集

他媒体展開 編集

仮面ライダー555 Hondaチーム 編集

同作品にバイク等車両を提供しているホンダが「仮面ライダー555 Honda」チームを結成し、鈴鹿8時間耐久レースへのエントリーを行った。レースにおいては、他チームのトラブルに巻き込まれたが、結果は70チーム中、総合10位での完走を果たした。このレースには、参加ライダーがファイズとカイザをモデルとしてデザインされたヘルメットとスーツを着て出場していた。また、チーム監督である宮城光とファイズのスーツを着てレースに参戦した山口辰也は、翌年も「仮面ライダー剣 Honda」チームに再招集された。

  • 監督 - 宮城光
  • ファイズ - 山口辰也
  • カイザ - 高橋裕紀

小説版 編集

仮面ライダー555 正伝 ―異形の花々―
著 - 井上敏樹講談社
本作の脚本を担当した井上敏樹によるノベライズ。50話という長いスパンや玩具展開、子供への考慮などを廃した純粋な555の物語と井上はコメントしている。登場人物は必要最低限(巧、真理、啓太郎、木場、結花、海堂、雅人、沙耶)に絞られており、心情描写を中心に描かれている。また、スマートブレインやオルフェノクの王が存在しない等の相違もある。
555
著 - 桜庭一樹
劇場版『仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』の小説版。仮面ライダー555 パラダイス・ロスト#小説版を参照。
MASKED RIDER 555 EDITION -ロスト・ワールド-
著 - 早瀬マサト
劇場版『仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』のプロローグ。『HERO SAGA』で掲載。
また、『MASKED RIDER AGITΩ EDITION -HEAVEN'S DOOR-』は、雑誌掲載時、『仮面ライダーアギト』と同じ世界であるかのような設定で描かれていた。

ハイパーバトルビデオ 編集

仮面ライダー555 ハイパーバトルビデオ
幼児向け雑誌「てれびくん」の応募者全員プレゼントVHSの短編。
全編コミカルなミュージカル仕立てとなっており、ファイズ(巧)・カイザ(雅人)・デルタの特徴を歌った3つのオリジナル曲をBGMにした本編前半の総集編に加え、スマートブレインが企む謎の作戦「全日本ミュージカル化計画」を阻止するため戦うファイズの激闘(実は巧の夢)を豪華な衣装を着た主要な登場人物の歌と踊りを交えて描く。読者応募のオリジナルファイズギア「ファイズサウンダー」は本作でしか登場しない。テンプレート:要出典範囲
  • 音楽 - 亀山耕一郎
  • 作詞(脚本) - 武部直美
  • 監督 - 石田秀範

ゲーム版 編集

仮面ライダー555
バンダイより2003年12月18日プレイステーション2用の格闘アクションゲームとして発売。
ライダー作品で初めてPS2で発売されたソフトである。グラフィックなどはPSのソフトと比べて進化しているが、媒体はCD-ROMである。登場するキャラはテレビ本編のレギュラーキャラのみで、ゲストオルフェノクや劇場版のみのキャラは登場しない。
クリムゾンスマッシュなどの必殺技を発動させた瞬間、プレイヤー同士でボタンを連打し、攻撃側が連打数が多ければ必殺技が炸裂、被弾する側が多ければ防御に成功する、というシステムが導入されている。

コミカライズ 編集

仮面ライダー555
著 - 坂井孝行
小学一年生 2003年4月号-2004年3月号連載

映像ソフト化 編集

  • ビデオ(VHS、セル・レンタル共通)は全13巻が東映ビデオよりリリースされている。
  • 2003年10月21日 - 2004年9月21日にかけてDVDが東映ビデオより発売された。全13巻で各巻4話(Vol.12とVol.13は3話)収録。12巻と13巻は同時発売。発売当時前作「龍騎」のDVDリリースが続いていた。
  • 2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に第1話が収録されたほか、2009年10月21日発売の「仮面ライダーディケイドVOL. 5」の初回生産特典として第1話が収録。

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 左翔太郎役の桐山漣のブログより、ファイズドライバー以上の売上であることがわかっている。
  2. 「メガハウス ART WORKS MONSTERS 仮面ライダー555 センチピードオルフェノク」のパッケージ裏、クリチャーデザイナー篠原保のメッセージ。
  3. 3.0 3.1 3.2 「ファンタスティックコレクション 仮面ライダー555 555補完ファイル」(朝日ソノラマ出版)より。
  4. テンプレート:要出典範囲
  5. テンプレート:Cite book
  6. テンプレート:Cite journal
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 テンプレート:Cite web
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 テンプレート:Cite book
  9. テンプレート:Cite book
  10. 10.0 10.1 テンプレート:Cite book
  11. 11.0 11.1 テンプレート:Cite web

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki