FANDOM


劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト
監督 田﨑竜太
脚本 井上敏樹
出演者 半田健人
泉政行
芳賀優里亜
溝呂木賢
村上幸平
加藤美佳
唐橋充
村井克行
栗原瞳
黒川芽以
速水もこみち
ピーター・ホー
音楽 松尾早人
撮影 松村文雄
配給 東映
公開 2003年8月16日
製作国 日本
言語 日本語
前作 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL
次作 仮面ライダー剣 MISSING ACE
  

劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』 (かめんライダーファイズ パラダイス・ロスト)は、連続テレビ特撮ドラマ『仮面ライダー555』を基にして2003年8月16日より全国東映系映画館にて劇場公開された劇場用オリジナル特撮映画作品(『爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!』と併映)。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

本作はTVシリーズとはリンクせず、パラレルワールドとなっている。脚本の井上敏樹は当初から「絶対繋がらない」と発言していたが、東映プロデューサーの白倉伸一郎は「TVシリーズ最終回後、こういう可能性の未来もあり得る物語」と発言し(結果的に井上の言うとおりパラレルワールドとなった)、スタッフ間で多少の意見の不一致が見られた(TVシリーズ終盤で死亡するキャラ達が登場するため最終的には繋がる可能性は0となった)。

本作の最も大きな見所の一つは、ライオトルーパーたちによる大軍隊であり、「一万人のライダー部隊」と言われ、話題を呼んだ。

本作はサブタイトルが決定するのに時間がかかっており、クランクアップまでは『仮面ライダー555 NEXT』というタイトルで進行していた。

劇場公開中に本作をベースとした小説版が発売されている。ストーリーや人物描写は映画とは違っているが、TVシリーズと関連している部分もある。またHERO SAGAでは本作の前日談が掲載された。

平成ライダー劇場版でお馴染みの先行登場キャラは、ファイズブラスターフォーム、ウルフオルフェノク、ホースオルフェノク激情体、ライオトルーパーである。

メイキングのDVDは2003年8月8日、本篇のDVDは2004年1月21日、ディレクターズカット版は同年5月21日に発売された。本編のブルーレイディスクは2009年6月21日発売予定

あらすじ 編集

遠くない未来。世界は人類の進化形・オルフェノクの組織・スマートブレイン社が完全に統治し、人類のほぼ全てはオルフェノクと化していた。

数千人を残すのみとなった人間たちは廃墟のような居住区に追いやられ、オルフェノクに脅える日々を過ごしていた。そんな状況に反逆する一部の者は解放軍を結成。逆転する唯一の手段として、スマートブレイン社が持つ二つの"帝王のベルト"の奪取を試みるも力の差は圧倒的で、敗北を重ね続ける。

そんな中、解放軍の少女・園田真理は人類に味方するオルフェノク(木場・結花・海堂)と共に、行方が知れない“救世主”ファイズ=乾巧の帰還を信じていた。

TVシリーズとの相違点編集

  • オルフェノクが世界を実質的に掌握し、人類のほとんどがオルフェノクと化している。
  • このため、街の人々がオルフェノクを見ても平然としており、逆にライダーを見て驚き逃げ出す、という演出がなされた。
  • 劇場版オリジナルのライダー・サイガ、オーガが登場する。
  • デルタは登場しない。
  • カイザギアの変身条件が異なる(ファイズギアとほぼ同じものになっている)
  • クレインオルフェノクが激情体に変身する。
  • 村上は首から上だけの状態で登場する。
  • ラッキークローバーのメンバーは登場しない。
  • 木場達がオルフェノクであることは、人間達に知られている。
  • 流星塾に関する事実や、関連の描写が無く、登場人物にもそういった事も言わない(真理が草加を「草加くん」ではなく「雅人」と呼んでいる事などから)。
  • 花形は登場しない。

登場人物・キャスト 編集

TVシリーズからの登場 編集

劇場版の世界はTVシリーズとはパラレルワールドの関係にあり、基本設定は同じだが細部が異なる。TVシリーズの設定についてはこちらを参照。

乾巧 - 半田健人
18歳。仮面ライダーファイズに変身し何故か人間解放軍の一員として戦っていた青年。ライオトルーパー部隊との戦いで連れ去られ行方不明になる(通常は使途再生の為の攻撃をされるはず。一部では帝王のベルトの実験台になったとも)。記憶喪失となった彼はミナのもとでとして暮らしていた。しかし仮面舞踏会で真理と踊ったことにより記憶を取り戻し、再びファイズとなる。その後サイガに真理を誘拐され、一人で敵地に赴く。真理達には正体を隠していたが、木場と戦っている最中、真理の目前でオルフェノクに変身し、自分もまたオルフェノクであることを晒してしまう。木場の変身したオーガに勝利したがとどめは刺さず、最後まで彼を信じていた。
園田真理 - 芳賀優里亜
16歳。人間解放軍の象徴的存在。巧=ファイズが帰って来ると信じ救世主の存在を広める。そして人々に希望を与えるため、仮面舞踏会を計画。巧(隆)が出席し彼の記憶を取り戻させた。後にサイガの襲撃を受け、解放軍の戦意を削ごうとするスマートブレインに見せしめのため拉致される。しかし巧の活躍により助けられ、彼と木場との戦いの最中で巧がオルフェノクであることを知ってしまうが、最後まで彼が救世主であると信じ続けた。
菊地啓太郎 - 溝呂木賢
21歳。人間解放軍の一員。彼も巧が帰ってくると信じている。悪化する状況の中では無力だったが、終盤では、普通の人間でも変身できるようになるが、変身したら死んでしまうかもしれないという薬「変身一発」を飲みカイザに変身する。
真理が誘拐された際には巧と共に真理を助けに行こうとしたが、巧が落とした銃を拾っている間に置いてけぼりにされてしまった。
草加雅人 - 村上幸平
21歳。仮面ライダーカイザに変身し、オルフェノクと戦う青年。人間解放軍の用心棒でもある。しかし人類の為に戦っているのではなく、愛する真理の為だけにしている事であり、真理以外の仲間達に対しては冷徹な態度をとる。また、TV版に比べ、真理や啓太郎から表立って反発的な態度をとられていることから、その実力を認められつつも仲間の多くから嫌われていたようだ。解放軍がサイガの空襲を受けた際に挑発され、戦ったが手も足も出ず、レオに心臓を貫かれ灰化した(余談だがこれによりテレビに先駆け、オルフェノクで無い事が判明)。
木場勇治 - 泉政行
スマートブレインに刃向かうオルフェノク。人間達にも正体を明らかにし、人間の味方としての立場をとるが、真理や啓太郎以外の人間には疎まれている。帝王のベルトを奪うためスマートブレインに潜入したが、エラスモテリウムオルフェノクに仲間を殺された上敗北、真理に化けたスマートレディに騙され、オルフェノクとして生きる事を決意。
オーガとなりファイズを抹殺しようとする(巧がオルフェノクであると知った後も戦い続けた)が、人間の心は完全には失っておらず、エラスモテリウムオルフェノクの毒針から真理を庇い、オーガストラッシュを打ち続ける。そして自分ができなかったことを巧に託して死亡。
長田結花 - 加藤美佳
スマートブレインに刃向かうオルフェノク。本作では啓太郎ではなく、完全に海堂一筋になっている。帝王のベルトを奪うためスマートブレインに潜入したが、エラスモテリウムオルフェノクの毒針から海堂を助け死亡。
海堂直也 - 唐橋充
スマートブレインに刃向かうオルフェノク。口では人間が嫌いと言っているが本当は人間を愛している。
結花のことを嫌っていたが、帝王のベルトを奪うためスマートブレインに侵入した際に結花に助けられ、結花の死の直前に本当は好きだったと告白した。その直後、エラスモテリウムオルフェノクに無謀な戦いを挑み餌食となってしまった。

本作のみの登場 編集

ミナ - 黒川芽以 幼少期:志田未来
記憶喪失の巧(隆)と暮らす少女。父親の後を継いで靴屋を営んでいる。ガサツでズボラと自称しているが心優しい性格の持ち主で、木場達三人のオルフェノクに味方をしていた事で、近所の人間達から陰湿な嫌がらせを受けていた。昔から友達がおらず、亡き父が巧の記憶を医師に頼んで「ミナの幼馴染」と改ざんしていた。巧が記憶を取り戻してしまった事で巧を拒絶するが、彼の優しさに心を開く。だがその直後、ファイズギアを奪い取ろうとした水原の銃弾から巧を庇い、命を落としてしまう。
水原 - 速水もこみち
人間解放軍のリーダー。勇猛果敢に戦うが、その反面、自分勝手な性格で『帝王のベルト』を手に入れる為に他の仲間達を危険にさらし、ファイズギアの所有者である巧を謀殺しようとする等、手段を選ばない。対オルフェノク用スパイラル弾を勝手に持ち出してスマートブレイン本社に潜り込むが、失敗して自分一人で逃げ帰り、自らの責任をスパイラル弾を開発した野村に擦り付ける等、無責任さも見せる。自らがベルトの力で救世主になると言ってファイズギアを奪い取るべく巧を殺そうとするが、巧を庇ったミナを殺してしまう。
その後、ベルトの返却を求めた木場を倒そうと巧から奪い取ったファイズギアで変身を試みるが、失敗。それでも諦めず手榴弾で爆殺を試みるが全く効かず、爆風で吹き飛ばされたホースオルフェノクの魔剣が突き刺さり死亡。
野村 - 大高洋夫
人間解放軍の武器開発担当。対オルフェノク用の兵器をいくつか開発しているが、いずれも実用レベルには至っていない。しかし終盤ではギア不適合者でも服用すれば一度だけベルトで変身できる代わりに死んでしまうというドリンク剤「変身一発」を開発し、啓太郎はそれを飲んでカイザに変身した。(ただしライオンオルフェノクは倒したものの、野村が一発叩いただけで変身は解除され、啓太郎ではなくカイザギアが灰化してしまった。)
レオ - ピーター・ホー
仮面ライダーサイガに変身する外国人の青年で、上級のオルフェノク(劇中でオルフェノク化はしない)。人間態のままでも、使徒再生の触手を使うことができる。うなじ付近にスマートブレインのロゴの刺青が彫ってある。『変身』以外は常に英語を話す。『天のベルト(サイガギア)』の力で人間解放軍を圧倒し、カイザ=草加も倒した。
 コロシアムに現れた巧=ファイズと激闘を繰り広げるが、トンファーエッジでの突撃攻撃を受け流され、逆にカウンターのファイズエッジによるスパークルカットをうけ死亡。同時に『天のベルト』も完全に破壊される。
HERO SAGAのファイズを扱ったストーリー「MASKED RIDER 555 EDITION -ロスト・ワールド-」では巧の変身するファイズ・ブラスターフォームとの戦いで首だけにされた村上を助けている。また、助ける際に見返りとしてライダーギアを求め、『天のベルト』の装着者となったとされている。また、ライオンオルフェノクに変身することも明かされており、そのために「レオ」と呼ばれている。

オルフェノク 編集

以下、劇場版にのみ登場したオルフェノクについて記述する。

バタフライオルフェノク / スマートブレイン女性社員(
動きが身軽で口から触手を出し人間を抹殺する。
ジラフオルフェノク / カップルの女(キリン
ロングホーンオルフェノク / カップルの男(カミキリムシ
二人でコーヒーを飲んでいた所を人間解放軍の兵士に邪魔され、逆上して二人がかりで兵士を殺害。
スラッグオルフェノク / スマートブレイン社員(ナメクジ
ペリカンオルフェノク / スマートブレイン社員(ペリカン
ワイルドボアオルフェノク / スマートブレイン社員(イノシシ
3人がかりで木場らを殺そうとしたが、命令違反としてレオ=サイガに倒される。
ムースオルフェノク / ライオトルーパー隊員(ヘラジカ
モールオルフェノク / ライオトルーパー隊員(モグラ
人間解放軍の基地を襲撃したライオトルーパー隊員が変身。登場シーンはほぼ一秒でその登場するシーンでは姿がぶれているので全身像は把握出来ないという不遇のオルフェノクである。
ライオンオルフェノク / ライオトルーパー部隊長(ライオン
菊池啓太郎が変身したカイザと交戦するも倒される。
エラスモテリウムオルフェノク激情体 / 未確認(エラスモテリウム
すでに人間の心・体を失っており、巨大化・凶暴化している。その正体は最後まで不明。結花=クレインオルフェノクを毒針で殺し、海堂=スネークオルフェノクを食い、木場=ホースオルフェノクを圧倒する。さらに村上の命令でサイガに拉致をさせた真理に襲いかかった。最後はブラスターフォームとなったファイズのフォトンバスターを受けて撃破される。
劇場版ノベライズでは複数体登場。劇場版とは異なり、スマートブレイン社のOL達が変身していた。頭部に通常形態の面影を残す。

スタッフ 編集

主題歌 編集

ギネスブック認定 編集

さいたまスーパーアリーナで行われた10,000人のエキストラロケ・ファイナルシーンが話題となり、一つの映画での出演者としては史上最高としてギネスブックに公認された(応募総数は90,000人・関係者の話によれば99,000人まで応募総数は伸びたと言う)。その参加者には声優の真田アサミも含まれている(しかし作品中に真田の姿は確認できない)。なおこのエキストラ人数記録は現在は2位。

ラストのスタッフロールでは出演した全員が紹介されており「THANK YOU!」(ディレクターズカット版では「SEE YOU AGAIN!」)と書かれている。

脚注編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki