FANDOM


仮面ライダー555は、仮面ライダーシリーズに登場する戦士。

各作品での概要 編集

ギリシャ文字のΦ(ファイ)を模したデザインの仮面ライダー。頭部デザインにはもモチーフになっている。数字表記および変身コードは「555」。基本カラーは。この555の表記はファイズとFives(5=Fiveの複数形)との語感が一致したことによる。フォトンストリームの色は赤で、目の色は黄。最も後期に開発されたシステムであり、拡張性が高い設計(ツール数が最多で、唯一強化変身〈フォームチェンジ〉が可能)となっている。
変身の際はファイズドライバー(変身ベルト)を装着しファイズフォン(携帯電話)に変身コードを入力、「ENTER」を押すことにより「STANDING BY」と発せられ、ドライバーのバックル部〈フォンコネクター〉にフォンを突き立て左側に倒す。装着者が適合者である場合は「COMPLETE」の音声とともに変身が完了するが、不適合者の場合は「ERROR」の音声とともにはじき飛ばされる。
「仮面ライダーファイズ」という名は作品名である「仮面ライダー555」と読みが一致しているが、一般的に「ファイズ」と表記された場合はライダー自身を指し、「555」と表記された場合は作品全般を指す(次作『仮面ライダー剣』でも同様)。
また、「ファイズ」(戦士名)の英語表記は「Faiz」、「555」(作品名)の英語表記は「φ's」と使い分けられている。

仮面ライダー555編集

主に乾巧が変身して戦う。

ファイズに変身した人物 編集

ツール 編集

これらを総括して「ファイズギア」と呼ぶ。
ファイズフォン
携帯電話型トランスジェネレーター。
ファイズドライバー
ベルト型変身ツール。変身コードを入力したファイズフォンをセットすることで適合者の全身にフォトンストリームを放出する。左右と後部にはツールを装着できるハードポイントが設置されており、右側にポインター、左側にショットをセットしていた。
ファイズポインター
デジタルトーチライト型ポインティングマーカーデバイス。右足の脹脛に装着し、クリムゾンスマッシュを放つ際に相手をポイント(拘束・ロックオン)する光線を発射する。
フォンブラスターにセットして射程をのばすことも出来るが、劇中では未使用。
ファイズショット
デジタルカメラ型パンチングユニット。手に装着することでパンチ力を強化する。画像、動画を記録することもできるが、劇中では未使用。
ファイズエッジ
バイクハンドル型エネルギーブレード。普段はオートバジンのハンドルとなっているが、引き抜いてミッションメモリーを挿入することにより、フォトンブラッドの刀身が生成される。ロウ・ミディアム・ハイ・アルティメットの4段階の出力調整が可能。
ファイズサウンダー
CDラジカセ型音波兵器。てれびくんで募集した新武器コンテストの金賞に選ばれたものが『ハイパーバトルビデオ』に登場した。

必殺技 編集

各ツールにミッションメモリーを挿入し、ファイズフォンの「ENTER」を押すことにより「EXCEED CHARGE」の音声が発せられると共に、フォトンストリームを経由してフォトンブラッドが注入され、各種必殺技が使用可能となる。

ファイズの必殺技を受けて倒されるとその場に赤いφの文字が浮き出る。

クリムゾンスマッシュ
ファイズポインターから円錐状の赤い光を放って目標をポイントし、跳び蹴りを放つ。劇中で使ったのは巧と木場だけであるが、ロックオンの仕方は異なり、巧はジャンプして前方一回転した際に、木場はその場で相手に脚を向けてロックオンする。
グランインパクト
ファイズショットを手に装着して放つパンチ。
スパークルカット
ファイズエッジから放ったエネルギー波で相手を拘束し、切りつける技。

各フォーム 編集

アクセルフォーム 編集

ミッションメモリーと同型のプログラムキー〈アクセルメモリー〉をファイズフォンのプラットフォームに挿入すること(ミッションメモリーは必殺技に使用する別のツールにセットした状態)で、「COMPLETE」の音声とともにフォームチェンジする形態。基本カラーは。胸部アーマー〈フルメタルラング〉が展開して肩の定位置に収まり、眼は赤色に、フォトンストリームは銀色の〈シルバーストリーム〉に変化する(ドライバー部分を除く)。
フォームチェンジ直後の状態は待機形態〈アイドリングモード〉であり、ファイズアクセルの〈スタータースイッチ〉を押すことにより「Start Up」の音声とともに超加速モード〈アクセルモード〉に移行、あらゆる動作を通常の1000倍の速度で行うことが可能となる。アクセルモード起動より10秒(アイドリングモードでは35秒)が経過すると「Reformation」の音声とともに通常のファイズへ戻る。シルバーストリームはフォトンストリームの耐久値の限界を示すいわば危険信号であるため、仮に35秒を超えてアクセルフォームを使用するとフォトンフレームが崩壊してスーツは破壊され、装着者は大量のフォトンブラッドを直接浴びて消滅し、さらに周囲3Km四方は空気に触れて劣化したフォトンブラッドによって汚染されることとなる。
ツール
ファイズアクセル
リストウォッチ型コントロールデバイス。プラットフォームにはアクセルメモリーが装填されている。通常のリストウォッチとしても使用出来る。
必殺技
ノーマルファイズと使用する必殺技(ツール)は同じだが、アクセルフォームの特性により一度に複数回の攻撃を放つ事が可能で、威力も強化されている。またスパークルカット使用時は相手を拘束せず、直接切り裂く。

ブラスターフォーム 編集

ファイズブラスターに変身コードを再入力、スロット部分〈トランスホルダー〉にファイズフォンをセットすることで、「Awakening」の音声とともにドライバーに再起動をかけ、フォームチェンジする、ファイズの最強形態。基本カラーは。スーツ部分にフォトンブラッドが駆け巡ることで全身が赤色に染まる(その設定上、スーツは常に赤く発光している)。逆にフォトンストリームの部分はフォトンブラッドの流れていない黒色の〈ブラックアウトストリーム〉に変化する。変身コードを入力したファイズフォンをファイズブラスターにセットすれば、ノーマルファイズを経ずに直接変身する事も可能。
ほぼ全身からファイズエッジ・ミディアムモードに匹敵するエネルギーを放出している為、並のオルフェノクであれば触れるだけで灰化・消滅させる。
背部には〈PFF(フォトン・フィールド・フローター)〉というマルチユニットを装備している。ファイズブラスターに「5246 ENTER」のコードを入力すれば、「Faiz Blaster Take Off」の音声とともにユニットが起動、空中を飛行することができる。さらにブラスターに「5214 ENTER」のコードを入力すれば「Faiz Blaster Discharge」の音声が発せられ、フォトンフィールドジェネレーターが展開し両肩に背負う形になる〈ブラッディ・キャノン〉へと変形する。
ツール
ファイズブラスター
トランクボックス型トランスジェネレーター。
必殺技
ブラスタークリムゾンスマッシュ
ブラスターフォーム状態で放つクリムゾンスマッシュ。ファイズブラスターに「5532 ENTER」のコードを入力すると「Faiz Pointer Exceed Charge」の音声とともにファイズポインターが起動する。
ブラスターグランインパクト
ブラスターフォーム状態で放つグランインパクト。
フォトンバスター
ファイズブラスター・フォトンバスターモードをエクシードチャージし、強力な砲撃を放つ。
フォトンブレイカー
フォトンフィールドフローターを起動して上空へ舞い上がり、ファイズブラスターフォトンブレイカーモードで敵を両断する。

脚注 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki