FANDOM


仮面ライダーJ(かめんライダージェイ)は東映スーパーヒーローフェアの一作として、1994年4月16日に公開された劇場映画のタイトル。および、それに登場するヒーローの名。

石ノ森章太郎が製作に関わった仮面ライダー最後の作品。

概要編集

この作品に登場する仮面ライダーJは、歴代仮面ライダー史上唯一、身長40mに巨大化することができる。仮面ライダーJが巨大化する事については「人間大で戦うことこそ仮面ライダーの醍醐味であり、巨大化してしまってはウルトラマンではないか」等と公開当時ファンの間で賛否両論を巻き起こした(「ライダーの巨大化」としては、1993年に制作された『ウルトラマンVS仮面ライダー』があるが、これはあくまで一回限りの「お祭り企画」的な要素が強い演出であった。ただし、この作品が好評だった事も、仮面ライダーJの巨大化企画の後押しとなった)。また初代「仮面ライダー」でも2号を巨大化させるという案もあった。

樹想社「仮面ライダー 悪(ショッカー)の系譜」(ISBN 4877770496)に収録されている久保聡プロデューサーへのインタビューによると、当初は原作者の石ノ森章太郎も仮面ライダーの巨大化案には反対であり、その為にJの巨大化シーンは決定稿ギリギリまで入っていなかったが、最終的に「Jの巨大化は地球に未曽有の危機が訪れた時にのみ、大地の精霊たちがJに全ての力を注ぐことで初めて可能となる奇跡の形態であり、Jの基本的な能力ではない[1]」という設定を出した事で石ノ森もJの巨大化に合意し、現在の形になったという。また同作監督の雨宮慶太も、巨大化には反対だったが、映画興行におけるセールスポイントとしてこれに対抗しうる代案がなかった、とコメントしている。

脚本は『仮面ライダーBLACK』を初期で降板して以降、東映とは疎遠になっていたベテランの上原正三が執筆した。上原によると吉川進プロデューサーより自宅に数年ぶりに電話が掛かってきて、「今度やるライダーの映画を書かないか?」と誘われたとのことである。映画公開前後に発売された雑誌『宇宙船』インタビューにて、上原は同作品を執筆するにあたり前年度作品で杉村升脚本の『仮面ライダーZO』を強烈に意識したそうで、「特撮マニアが見たら『ZO』が面白いという意見が多いかもしれませんけど、子供が見たら『J』のほうが絶対に面白いと思ってくれる。自信はありますよ」と語っていた。 また上原はかつて巨大ヒーローである「ウルトラシリーズ」の脚本家でありライダーが巨大化する脚本をかけたのも上原であったからこそできたともいえる。

名前の「J」は、「ジャンボ(Jumbo)」の頭文字であるというのが一般的な解釈だが、原作者の石ノ森章太郎はこれに加えて「ジャッジ(Judge)」の意味もあると語っている。また、後に上原正三が著した小説版(ISBN 4094401024)においては「ユピテルJupiter)」の頭文字だとされている。作中における「ユピテル」とは仮面ライダーJおよび地空人のパワーの源である「精霊の力(ユピテル・パワー)」の名称であり、映画の劇中では「Jパワー」と略されている。

作風としては、当時ブームであったエコロジーを反映している事が特徴で、主人公は後述の通り「環境破壊を調査するカメラマン」、彼が変身するJは「大自然のエネルギーで戦う戦士 = 大自然の使者」、その使命は人類のみならず「大自然の全生物を守ること」、そして敵の目的はいわゆる世界征服ではなく「地球上の全生物を死滅させる」とされている。また、ヒロインの少女・加那が公害で死んだ動物の墓を作るシーンや、山林が開発作業で切り崩されるシーンなども、この演出に一役買っている。

後に、『仮面ライダー』から『仮面ライダーBLACK RX』までと同じ時間軸の物語であるという設定が仮面ライダーZOと競演した作品、『仮面ライダーワールド』によって(児童誌等によって)付与されたが、元来はこれらの諸作はもとより、同じ劇場版オリジナルの『仮面ライダーZO』、ビデオオリジナルの『真・仮面ライダー 序章』とも独立した時間軸を有する作品である。

本作は、企画当初ではZOがパワーアップした姿を描くことが予定されていたが、諸事情により別作品として製作された。その経緯から、Jやバイクの外観は、前作の『ZO』と酷似している。(これを逆手に取り、後のオリジナルストーリーHERO SAGAにおいてZOとJを結び付ける物語が描かれ、ZOを助けた巨木やミュータントバッタの正体がJを作った地空人であり、彼らはZOを元にしてJを作ったという設定が創られた)

仮面ライダー1号から始まった「改造人間」というモチーフは基本的には本作が最後となった。次作である『仮面ライダークウガ』以降テレビ作品に登場するライダーは基本的に改造人間ではない。唯一テレビスペシャルに登場した『仮面ライダーG』のみが改造人間である。

ストーリー編集

世界中を異常気象が襲う最中、かつて恐竜を絶滅させた集団・フォッグが再び地球に来襲。無数の怪人を孵化させ、地球の全生命を滅ぼそうとする。

一方、環境破壊を独自に調査し、その現状を多くの人々に訴えようとするカメラマン・瀬川耕司はバイクで野営しながら取材活動を続けていた。フォッグ・マザーは耕司が出会った心優しき少女・加那を生贄として選び、連れ去るよう幹部たちに命令する。それを阻止しようとする耕司だったが、返り討ちにあい谷底へ落とされてしまった。

地空人と呼ばれる人々に窮地を救われた耕司は改造手術(劇中では蘇生手術と呼ばれる)を受け、仮面ライダーJに変身。フォッグに立ち向かう。

登場人物編集

瀬川耕司(せがわ こうじ) / 仮面ライダーJ
26歳のフリーカメラマン。環境破壊の現状を世間に伝えるため、オートバイで野営しつつ取材の旅を続けている。
木村加那(きむら かな)
耕司がとある湖の汚染の調査に立ち入った際、知り合った少女。9歳。心優しい性格で、公害で死んだ動物たちの墓を作り続けている。耕司を慕い、野営中の彼にコーヒーを差し入れに来たが、そこをフォッグに大孵化の生け贄として誘拐されてしまう。
地空人(ちくうじん)
地中の奥深くで大地の精霊のエネルギーを糧として生きる者たち。強大な力を持つにも関らず、地上の光に弱い上、下半身が木の根のように大地に根付いているため、フォッグと戦う者として、大自然と心を通わせることのできる人間を捜し求めていた。耕司の大自然を愛する心を認め、彼にを蘇生・改造手術を施し、フォッグ打倒の使命と仮面ライダーJの名を与えた。
ベリー
地空人の下僕である、言葉を話すミュータントバッタ。地中から出られない彼らに代わって地上を飛び回り、耕司に助言を与える。

フォッグ編集

フォッグ・マザーが生み出した怪人から成る集団。詳しくは、フォッグを参照。

機械獣母艦フォッグ・マザー
フォッグの母艦にして、フォッグの怪人たちを生み出す機械生物。
コブラ男 ガライ
マザーに「王子」と呼ばれる怪人たちのリーダー。
ハチ女 ズー
ガライに仕える戦士。
トカゲ男 アギト
ガライに仕える戦士。

出演編集

スタッフ編集

主題歌・挿入歌 編集

  • 主題歌:『心つなぐ愛』
  • 挿入歌:『Just One Love』

コミカライズ編集

てれびくん連載 小石さとし


映像ソフト化編集

  • VHS(セル、レンタル共通)、LD(セルのみ)がリリースされている。
  • DVDは2003年12月21日発売。

その他 編集

  • 主人公・瀬川耕司役には、望月の他に『鳥人戦隊ジェットマン』でブラックコンドル/結城凱を演じた若松俊秀が候補として上がっていたが、変身前の姿でのアクションも多い関係から当時JAC所属だった望月が選ばれる形になったという(バンダイ刊エンターテイメントバイブル『仮面ライダー大図鑑 J・ZO・真編』の記述から)。

脚注編集

  1. 巨大化が『J』という作品の特色の1つとなっているためか、他の作品にゲスト出演する際は、何らかの方法で必ず巨大化を行っている。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。