FANDOM


テンプレート:漫画 仮面ライダーSD(かめんライダー エスディー)は1990年代に発表された玩具の企画、およびそれをベースとした漫画OVAゲーム作品。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

仮面ライダーや怪人を2頭身にデフォルメする企画としては、1980年代に「仮面ライダー倶楽部」が存在していたが、1991年仮面ライダーシリーズが20周年を迎えたことに合わせて、新たな企画として発表された。

仮面ライダー倶楽部との差別化として、以下のような特徴を持つ。

新デザインのライダーマシン
仮面ライダー倶楽部では実写版のマシンのデザインをそのまま採用していたが、SDでは実写版のデザインを大幅にアレンジしたマシンが登場。各マシンの名前は元の名前に「ネオ」という言葉をつけたものになっており、その性能は実写版を大幅に上回っている。ことにライダーマンは初めてスーパーバイクに乗った(多分に運搬車だが)。また、独自の設定としてライダーたちの移動基地「ライダーキャリア」が登場。
オリジナル設定の組織
1号からRXまでの全ライダーが戦ったすべての組織が「グランショッカー」と呼ばれる一つの組織に統合されている。組織を支配する魔神大首領の正体は当初は伏せられていたが、後に死神博士であることが明かされた。

各作品の別設定編集

「グランショッカーvs仮面ライダー」など基本設定は存在するが、各作品でそれぞれ別の設定を持っている(ある意味、特色のひとつとなっている)。

八鬼衆
歴代組織の幹部のうち8人が「八鬼衆」と呼ばれるグランショッカー幹部として設定された。他の怪人が実写版のデザインに準じているのに対し、八鬼衆は身体の一部がメカニックを露出させたものになるなどアレンジされたデザインになっている(シャドームーンのみ実写版に準じ、ドクトルGは斧を背負い、腰に剣の代わりに試験管を下げたのみとなっている)。
地獄大使
最も基本的な改造人間達で構成されているが、中には侮れぬ特技の持ち主もいるという怪人軍団を統べる。直情径行であり、従兄弟の暗闇大使と軋轢が絶えないが間の抜けた作戦を立てることでは1、2を争う。
愛機:ガラガラン=スペシャルα
怪人体ガラガランダを模している。まずまずの走行性能を有しており、やかましい音を立てる。
ドクトルG
八鬼衆一の科学者にしてサイボーグ怪人軍団長。配下の武装強化により戦力を増している。なぜかライダーを「ラ〜イダ」と発音する。
愛機:スコーピオンGT
蠍型装甲車。尾に座席がある。
アポロガイスト
正々堂々とした真っ向勝負を旨とするが詰めの甘い神話軍団長。
愛機:アポロチャリオッツ
騎馬戦車だが引くのは軍団員、マッハアキレス。
十面鬼
動物の特性を最も活かした獣人軍団を率い、自身も粗野。難のある知力を迫力で補っている。
愛機:十面オープン
ほとんど体の一部であり、降りるのを見た者はいない。
ジェネラルシャドウ
デルザー軍団の指揮を任じられている。戦いをゲーム感覚で捉えており、カード魔術で敵味方問わず煙に巻く。
愛機:スーパートランプ
奇術用具一式の集合体。
暗闇大使
再強化された怪人で編成したロイド軍団を統率。冷静さと智略を誇るが計算ミスによる失敗も多い。
愛機:サザン=スペシャルβ
サザンクロスを象った重戦車。火力と装甲が自慢。
シャドームーン
ゴルゴム軍団を統括するが影のライダーゆえRXに異様な敵愾心を抱いており、専ら彼との対決に執念を燃やす。おつきの三神官の宥めも振り切りグランショッカー入りした。
愛機:ヘルシューター
八鬼衆のマシン中唯一のバイク。特撮版では剣聖ビルゲニアが乗用。
ジャーク将軍
配下は怪魔獣人・妖族・ロボット・異生獣からなり、それぞれ、ボスガン・マリバロン・ガテゾーン・ゲドリアンが軍団長として率いている最強といわれるクライシス四軍団であり、自身の権力も随一。
愛機:クライシスキャリア
クライス要塞を翻案したトランスポーター。
立花藤兵衛
作品ごとにデザインすらも異なるが、ライダーのまとめ役というのは基本設定となっている。

漫画版 編集

『デラックスボンボン』及び『コミックボンボン』(講談社)連載の「仮面ライダーSD マイティライダーズ」と『コロコロコミック』(小学館)連載の「仮面ライダーSD 疾風伝説」、『小学三年生』(小学館)連載の「仮面ライダーSD 爆走笑学校」、『テレビランド』(徳間書店)連載の「仮面ライダーSD」など、世界観もストーリーもまったく異なる複数のバージョンが同時期に連載されていた。

仮面ライダーSD マイティライダーズ
あおきけいの作画で、『デラックスボンボン』及び『コミックボンボン』に連載。
仮面ライダーSD 疾風伝説
かとうひろしの作画で、『月刊コロコロコミック』の1992年1月号から1993年4月号にかけて連載。
仮面ライダーSD 爆走笑学校
玉井たけしの作画で、『小学三年生』連載。ライダー、グランショッカーともライダー小学校の立花藤兵衛が担任するクラスの生徒でドタバタギャグを繰り広げる。
仮面ライダーSD
のなかみのるの作画で、『テレビランド』1993年10月号から1997年2月号に連載されたものと、竹村よしひこの作画で、『てれびくん』に1992年から1994年4月号まで連載されたものがある。
仮面ライダーSD ばっ太くん
細井雄二の作画で、『テレビマガジン』に1999年12月号まで連載されたものと、土門トキオの作画で、『てれびくん』に1994年から2000年2月号まで連載されたものがある。オリジナルキャラのばっ太くんが主人公。

商品キャラクター 編集

OVAなどではRXまでがキャラクターとして登場している[1]が、商品キャラクターとしては仮面ライダーJや仮面ライダーZOも含まれている。

関連商品 編集

書籍 編集

  • 仮面ライダーSD 疾風伝説 全3巻 小学館 てんとう虫コミックス
  • 仮面ライダーSD マイティライダーズ 全5巻 講談社 ボンボンコミックス
  • 仮面ライダーSD 爆走笑学校 全2巻 小学館 てんとう虫コミックス
  • 仮面ライダーSD 疾風伝説(完全版) 全2巻 朝日ソノラマ
  • 仮面ライダーSD マイティライダーズ(完全版) 全2巻 朝日ソノラマ

ゲーム 編集

脚注 編集

  1. メインキャラクターではないが、OVAではシンも登場している。

テンプレート:Manga-stub テンプレート:Anime-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。