FANDOM


仮面ライダーV3対デストロン怪人』(かめんらいだあぶいすりい たい ですとろんかいじん)は、1973年7月18日に公開された『仮面ライダーV3』のオリジナル映画作品。

概要 編集

東映まんがまつりの一編として公開。上記の2作品とも2003年12月5日発売の昭和の仮面ライダーシリーズの映画作品を収録した「仮面ライダーTHE MOVIE BOX」及び単品では2006年発売の「仮面ライダーTHEMOVIE VOl,2」に収録されている。

四国ロケ 編集

本作のロケは奥道後国際観光株式会社の協力の下に行われ、ホテル奥道後高知城来島ドック等々四国地方の各所を舞台に撮影された。ホテル奥道後のシーンでは、金閣寺のレプリカとして知られる錦晴殿[1]を背景に変身シーンや大立回りが披露された。当時のホテル奥道後には小さな遊園地や映画館が併設され、その劇場では本作が封切られた際には、家族連れ旅行者で大変賑わったと伝えられる。この他、当時東京と高知を結んでいた日本高速フェリーの「さんふらわあ」も登場する。

TVシリーズとの関係 編集

本作とTVシリーズ20, 21話は同時進行で四国ロケが行われている。劇中でTVシリーズとの関係は特に設定されていない。志郎がギロチンザウルスの名前を知っていることもあり、書籍類ではTVシリーズから続いた2度目の四国編と解釈されていることも多い。

登場怪人 編集

スタッフ 編集

キャスト 編集

再生怪人声優一覧編集

  • 八代駿(担当怪人:ピッケルシャーク)
  • 山下啓介(担当怪人:ジシャクイノシシ(II:西崎章治)、スプレーネズミ、バーナーコウモリ)
  • 辻村真人(担当怪人:ミサイルヤモリ、レンズアリ)
  • 西崎章治(担当怪人:ドリルモグラ、クサリガマテントウ)
  • 市川治(担当怪人:ガマボイラー)

脚注 編集

  1. 平成13年に土砂崩れで消失

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki