FANDOM


仮面ライダー 戦闘員日記は、仮面ライダーシリーズの舞台作品である。

概要 編集

劇団メガバックスコレクションを中心としながら、当時のスタッフや俳優も加わり完成された戦闘員日記シリーズ第1弾。

仮面ライダーを倒すために、若手戦闘員の育成にはげむショッカーの幹部としてのドクトルGを中心に描かれており、『仮面ライダー』や『仮面ライダーV3』のTV本編では実現しなかった仮面ライダー2号一文字隼人)対ドクトルGという夢の対決をオリジナルキャストで実現させているのも見所となっている。

間接的ながら、設定や書籍のみで語られていたショッカーデストロンの関係性を再確認させる作品ともなっている。

登場キャラクター 編集

脚注 編集


関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。