FANDOM


仮面ライダー(仮面ライダー555)(かめんライダー)では、特撮テレビドラマ仮面ライダー555』に登場する「仮面ライダー」について記述する。

概要 編集

本作における仮面ライダーとは、巨大企業「スマートブレイン」社によって開発された外部装置〈ギア〉(またはライダーズギア)によって形成される戦闘用特殊強化スーツを身にまとった者を指す。〈ドライバー〉と呼ばれるベルト状の装置を装着し、専用フォンに変身コードを入力しインサートすることにより変身システムが起動し、ドライバーが瞬時に〈フォトンストリーム〉(後述)を生成、装着者の身体に沿った〈フォトンフレーム〉を形成する。その後スマートブレイン製人工衛星〈イーグルサット〉が電子レベルにまで分解したスーツを電送、形成され変身する。変身後はフォンのプラットフォームに装填されたメモリーカード型キー〈ミッションメモリー〉をインターフェースとして使用することにより、各種ツールを武器として使用することができる。大きなダメージを受けると強制的に変身は解除される。
ライダーには全身に〈フォトンストリーム〉というエネルギー流動経路があり、流体エネルギー〈フォトンブラッド〉が循環している。フォトンブラッドは出力により色が赤<黄<青<銀<金に変化する。いずれも身体にかかる負荷は大きく、ライダーに変身できる者はオルフェノクまたはオルフェノクに近い身体を持つ者に限られる。
劇中に登場するベルト(ギア)は、本来、オルフェノクの王の護衛用として作られた。それは王の誕生のために複数のオルフェノクの生贄が必要だったため、それに対し反逆するオルフェノクが発生する危険があったからである。

スマートブレイン製の仮面ライダー 編集

帝王のベルト 編集

帝王のベルトは、劇場版の前日談『MASKED RIDER 555 EDITION - ロスト・ワールド-』では、スマートブレインに回収されたデルタのベルトを元に造られたとされている。

スマートブレインモーターズ製のマシン 編集

スマートブレイン製以外の仮面ライダー 編集

量産型仮面ライダー 編集

劇中未登場編集

ライオトルーパー Version2
HERO SAGAに登場。村上峡児がスマートバックルを使用し変身する。
仮面ライダーα
「イコン 篠原保キャラクターアートワークス」に掲載された、デザイナーオリジナルの仮面ライダー。頭部が左右非対称で「α」をあしらっている。
仮面ライダー白龍
同画集に掲載された。頭部のモチーフは「Π」。

脚注編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki