FANDOM


テンプレート:Infobox character城茂は、仮面ライダーシリーズに登場するキャラクター。

テレビシリーズ 編集

仮面ライダーストロンガー編集

変身後に決め台詞が存在し、また、その口上の長さから第5話以降では一部のフレーズが省略されるケースもあった。バージョンとしては高所から敵を見降ろして一気に述べる口上と戦闘員相手に殺陣(戦闘)を行いながら述べるバージョンがあり『仮面ライダー (スカイライダー)』で城茂(演:荒木しげる)がゲスト出演した時は後記述のものが再現された。
主人公である城茂の明るい性格も手伝って罪の無い勧善懲悪が作品特有のカラーとなっている。城茂は当初やや斜に構えた性格で設定され、初対面の立花藤兵衛を「オッサン」呼ばわりしている程であった。しかし演じていた荒木の要望もあり、次第に温厚で礼儀正しい性格に変更されていった(荒木本人の談では「やさしさ」を出したかったとの事)。ちなみに城茂が着用している「S字シャツ」はオートバイ協力会社である「スズキ」のレーシングチームのユニフォームである。

スカイライダー編集

変身前の城茂の姿で登場したのは『スカイライダー』のみで、後の『スーパー1』『ZX』『RX』では都合がつかずストロンガーとしての登場のみ。『スカイライダー』では人間として成長した部分が見られるようになった。

20話で他のライダーに先駆けて東南アジアから帰国した。洋に迫るクラゲロンの暗躍を悟っており、影から助言を与えて救っていた。スカイライダーが必殺のスカイキックが効かないクラゲロン、サイダンプの二人の怪人に追い詰められた際に姿を現す[1]。続く21話では二人の怪人に太刀打ちできないスカイライダーのために特訓相手となり、大回転スカイキックを伝授した。電キックや超電子ドリルキックを使用したが演出は簡略化されていた。
38話でアリコマンド養成所の情報を聞きつけ帰国した時は、城茂としての素顔も見せた。最終三部作でも真っ先に行動を開始。52話で両親の有耶無耶な現状に苦しむ洋をサポートし、アリコマンド養成所で追い詰められたスカイライダーを援護。二人で協力して共に養成所を壊滅させた。その後は単身でアジトに向かう中でネオショッカーの罠によって負傷したが、その際に洋の母・寿子と出会い、母子再会のきっかけを作った。
第20話及び21話出演時のしゃべり方(声:池水通洋)は主演時に近いものとなっているが、第38話以降に人間体で登場した際は主演時に比べて大人びた言動が目立ち、ナオコから好感をもたれた。主演時のトレードマークだったS字のハイネックは着用しておらずスーツ姿を披露。また、カブトローは人間体の時に市販のバイクに変わっている。本作ではチャージアップ変身を披露していない。
同じ名前である叶茂が登場するため、谷やブランカの面々からは「城君(さん)」と呼ばれた。

仮面ライダースーパー1編集

劇場版のみ登場。ドグマ復讐兵団に苦戦するスーパー1を助けるために登場。

仮面ライダーZX編集

バダン壊滅のために、ZXとともに戦う。

仮面ライダーBLACK RX編集

クライシス帝国の侵略を阻止するため登場した。戦闘時は特に目立った活躍はなく、台詞も少なかった。

テレビシリーズ外伝 編集

仮面ライダーSPIRITS編集

神奈川県で立花藤兵衛の経営するバイク店で働く傍ら、岬ユリ子の墓を守っていた。

第1部第十一話・第十二話ではコマンダー(村雨良)率いる改造人間部隊に苦戦し満身創痍になる。然し、再変身後に、嘗てのタックル同様命を落とす覚悟で本作オリジナルの必殺技「超電子ウルトラサイクロン」でコマンダーを部隊ごと破壊した。

第2部ではコマンダーの一件でZXを敵視しており、第三話でほぼ同じ顔であるコマンドロイドに対し、必要以上に敵意を剥き出しに徹底的に破壊。その後、東海地方自衛隊駐屯地が再生ブラックサタンに壊滅させられた後に遅れて到着し、守れなかった悔しさの余り本郷の制止も聞かずに変身するが、ZXが本郷と共にいると知って一旦東京へ向う。ZXと直接対戦したが、その最中ZXが身を挺して心中を図った一家を救う姿を見て、嘗てBADANの尖兵であった彼ではないことを悟ると、再び東海地方に向ってその場から去っていった。

第3部で、富士山山麗にて再生百目タイタンとデッドライオンの率いる再生ブラックサタンと交戦。

城茂を演じた俳優 編集

俳優 編集

荒木しげる
仮面ライダーストロンガー
仮面ライダー (スカイライダー)

声優 編集

池水通洋
仮面ライダー (スカイライダー)』20,21話
朝戸鉄也
仮面ライダー (スカイライダー)』27,28話
仮面ライダースーパー1』劇場版
島田敏
仮面ライダー (スカイライダー)』劇場版
仮面ライダーZX
桑原たけし
仮面ライダーBLACK RX』44話

脚注 編集

  1. スカイライダーのもとに現れた際にはアフレコ出演した池水による決め台詞(「天が呼ぶ、地が呼ぶ~」)が披露された。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki