FANDOM


大野剣友会(おおの けんゆうかい)は、日本の演劇殺陣集団。

柔道一直線』や仮面ライダーシリーズなどの作品において、アクションやスタント、スーツアクターを務めたことで知られる。

概要 編集

1964年殺陣師大内龍生(俳優:池田駿介の父)門下の大野幸太郎1933年6月6日 - 2009年10月30日によって設立。

『柔道一直線』のアクションを担当したことをきっかけに、『仮面ライダー』をはじめとする東映特撮作品のヒーローや怪人のスーツアクターを数多く務めるようになる。

中でも平山亨の製作番組に多く関わっており、彼らを重用した平山は、「変身ブーム当時(第二次怪獣ブーム)に平山は大野と癒着しているなどと内外で陰口を叩かれもしたが、ただ大野剣友会の殺陣が上手いから自然とそうなったのだ」と語っている。

俳優志望のメンバーも多く、担当作品では顔出し出演や怪人の声なども担当している(例:中村文弥は『仮面ライダー』13話で再生カメレオン男の声を担当していた)。

東映の実写ヒーロー作品が激減した1978年には、円谷プロの『恐竜戦隊コセイドン』や創英舎の『UFO大戦争 戦え! レッドタイガー』などの他社作品に参加。前者では岡田勝がゴドメス帝王のアクションを演じ、後者では撮影現場の下請制作も引き受けるなどの活躍をみせる。1980年に放映された『ウルトラマン80』では、赤坂順一らがスーツアクターとしてアクションを演じた。

主要メンバーで、1970年代に担当作品一切の殺陣を取りまとめていた高橋一俊は、1976年に退会する。師匠の大野に破門されたとされ、一説によれば『秘密戦隊ゴレンジャー』の殺陣担当が終盤でJACに代わったのは、高橋に『忍者キャプター』などで仕事を与えた東映プロデューサー・平山亨に大野が反発したからともされる。ただ、平山と剣友会は現在に至るまで交流の深い間柄であり、また、大野会長と高橋は、1986年に和解している。

沿革 編集

メンバー 編集

殺陣師 - 現・大野剣友会代表
静岡県出身。殺陣演技指導講師 
栃木県出身。若頭、殺陣師
北海道出身。小間使い、演技者
演技者
演技者
東京都出身、演技者

過去のメンバー 編集

×は故人。

男性 編集

女性 編集

担当作品(メンバーが助っ人で参加した作品を除く) 編集

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は大野剣友会にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki