FANDOM


日下部ひより(くさかべ ひより)は、仮面ライダーシリーズに登場するキャラクター。

各作品での設定 編集

仮面ライダーカブト編集

演 - 里中唯(7年前:藤井玲奈
18歳。本作のメインヒロイン。東京タワーにほど近い洋食店“Bistro la Salle”のアルバイトで、加賀美の同僚。第一人称は「ボク」で、言葉遣いが乱暴である。渋谷隕石により両親を失い、その経験からか他人と上手くコミュニケーションをとることができない。趣味は絵画で、いつも愛用のスケッチブックに妖精の絵を描いている(余談だが、このイラストは仮面ライダー555で海堂直也を演じた唐橋充が手掛けた)。料理の腕は超一流で、料理にうるさい天道や剣が絶賛するほど。また、スケッチに出かける際などに乗る愛用の自転車を大切にしている。無機物や無機質なものと会話でき、ライダーベルトを触れるだけで修復するなど数々の謎を持つ。天道に対して最初は警戒するが、いつしか彼を大切な人と感じるようになる。
7年前の渋谷隕石事故の際、ライダーベルトをつけた当時の天道に現場から助けられるが、当時の記憶がハッキリせず、彼に両親を殺されたと思い込み天道を疑うこともあった。
後に麗奈=ウカワームとの接近をキッカケに自らの正体が明らかになり、天道により自らの出生の秘密を知る。その後、エリアXに囚われていた擬態天道と対面した際、ハイパーゼクターの暴走により擬態天道と共に時空間の狭間へと吹き飛ばされ、放浪する。ワームであることから現実世界で生きることをあきらめ、一時は天道らを拒絶するが、「俺はお前とお前が生きる世界を守る」という天道の説得に心を開き、再び現実世界に戻る。

仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE編集

擬態かどうか不明なため、オリジナルである日下部ひよりを参照。


脚注 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki