FANDOM


時の列車は、仮面ライダーシリーズに登場する乗り物。

概要 編集

車両は複数存在するため、個別表記のないときは「時の列車」として総合表記する。

時の運行を守る巨大鉄道車両型タイムマシン。劇中では新幹線型と蒸気機関車型が確認されているが他にもある模様。内部では乗客が快適に通勤・旅行できるよう、食堂車・浴場等が装備された車両も連結されている。現実空間に現れる際には、電車に存在する仮面ライダーがベルトのフォームスイッチを押したときと同じ音(ミュージックホーン)を鳴らす。各メイン車両の先頭車両にはそれぞれの仮面ライダーに対応する電仮面が象られているが、ライダーと各車両の関係は明言されていない。一部資料ではデンライナーの戦闘車両は各フォーム専用車両ともあるが、劇中ではその区別は無い。

製造者や運行目的などは一切不明で、確認されている人物の中でその全てを知るのはデンライナーのオーナーと駅長のみ。時の列車を運転できるのは車両のオーナーとその同等の資格を持つ者に限定され、ゼロノスは車両のオーナー(らしき人物)から一時的に運行・運転資格を受けているため停車・発車を自在に行えるものの、電王は運転資格は有するが自由に行き先を決定することはできない。

時の列車が普段走る異空間は、モニュメント・バレーを思わせる一面の荒野である。「時間の狭間」と呼ばれるトンネル(山岳)が存在し、その中に入ると現実空間との連絡が一切取れなくなる。現実空間にいる者も、棚の中など「扉がある場所」から異空間への扉を開いて時の列車に搭乗することが可能である。現実空間にいる時は一般人でも列車の姿を見ることができる。レールは異空間・現実空間を問わず自動的に敷設・撤去されていくため、街中・空中・海上などどこでも走行が可能である。時の列車が壊れてしまうと、時の中を永遠にさまようと言われている。

時の列車は、人間の記憶を元に作られたチケットによって過去や未来に移動する。ただし片道切符で往復は不可能である。イマジンが契約により過去に飛ぶのもこの件が絡んでいる。理屈の上では過去に行くには、記憶という概念を持つ人類に作られるチケットを使い、時間移動を繰り返さねばならない。それ以上の人間が記憶し得ない過去や人類誕生以前の古代へ向かうには、特殊なパスと専用のチケットを用いて神の路線に入る必要がある。

時の列車には、車両によって異なる協定世界時 (UTC) を基準にした時間単位が存在する。デンライナーとゼロライナーが使用する曜日・日時などの時間単位は、協定世界時 (UTC) を基準にしたUTC+9(日本の標準時間)である。

脚注 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki