FANDOM


テンプレート:Infobox character 死神博士(しにがみ はかせ)は、仮面ライダーシリーズに登場するキャラクター。

概要 編集

演じたのは天本英世イカデビルに変身する。

各作品での設定 編集

仮面ライダー編集

戦死したゾル大佐に代わってスイス支部より日本に着任した大幹部。暗いアジトの中で下から照明を当てるなどの怪奇性を強調した演出も印象的な天才科学者。改造人間研究の第一人者でその科学力はUMAや太古の化石、無機物からの改造人間の製造も可能。
白のスーツに黒マントという吸血鬼のような服装がトレードマークで、当初は「足が不自由」との設定だったため、車椅子に乗る描写がみられた。各話毎に描写のばらつきがあるのは、制作順と放映順の違いのため。
西洋占星術催眠術にも精通。戦闘の際には大鎌を用いる。死神博士編は番組強化案で「ホラーショッカーシリーズ」と銘打たれていて、怪人の強大さ、怪奇性を強調する方針が採られ、配下の怪人はゾル大佐の時期よりも強力で、たびたびの旧1号の再登場及び援護がその強さを裏付ける格好となった。これら多くの怪人を使って大規模な作戦を展開し、さらには第42話などで人間を洗脳する作戦もたびたび展開したが、仮面ライダー1号と2号に阻止され続け、第52話を以て地獄大使に指揮を譲る。これは「南米支部への左遷」とされるが、劇中では一切説明はない。
その後は南米に渡った一文字隼人と戦っていたものの、ヨーロッパ以来の宿敵・本郷猛を自らの手で倒すことに執着し、怪人を伴って何度か来日、最後は怪人イカデビルに変身しライダー1号と決戦に及ぶ。ライダーキックを受け付けず初戦は完勝し、再戦でもぎりぎりまで1号を追いつめたが、自ら立花藤兵衛にうっかり口を滑らせたことで、弱点が頭部であることがライダーに知られ、ライダーチョップとライダーきりもみシュートの前に敗れた。

平山亨プロデューサーの著作など 編集

  • 本名は「イワン・タワノビッチ」。
  • 日本人とロシア人のハーフで、戦前の少年時代は日本の東京で育った。幼少時から本人の意志に関係なく、なぜか彼の赴く所には必ずと言っていいほど死人が出たことから「死神」のあだ名が付き、さらに学生時代に「ギャラクシーにおける死に方と変身」という論文で博士号を取得。よって「死神博士」の異名を持つこととなった。
  • その後、召集令状を受けて日本と国交のあったナチスドイツに派遣され、臓器移植の研究をさせられる。もともと天才であったゆえに少年時代から数多くの心の葛藤を抱え、さらに戦争で最愛の妹を失ったことにより、さまざまな社会の矛盾に対するジレンマを切り捨てて悪魔に魂を売るようになる。
  • 終戦後はショッカーに入り、ヨーロッパ各地で指揮官として戦果を残す一方、怪人の製造にも功績を挙げた。

備考 編集

  • 死神博士はライダーシリーズの悪役の中でも人気が高い。怪人態のイカデビルも人気は高く、藤岡弘も「イカデビルが好きだという人が多い」と自らのサイトで語っている。しかし、当初は第67話に登場したギリザメスが死神博士の正体となる予定だった。
  • この死神博士と地獄大使は実際に演ずることになった天本英世と潮健児の両名がキャラを考案する段階ですでに平山より挙がっていた「演技者ありきのキャラクター」である。天本は「ヨーロッパからきた大幹部ということで、神秘性、怪奇性を強調して演じた」と語っているが、この天本の怪演は視聴者の子供たちをはじめ、毎日放送からも「怖すぎる」とクレームがついたという逸話が残っている。なお、本編中で死神博士が使っていた指揮棒は天本の私物で、「こういう役が多いので、エジプトを旅行した際に買い求めておいた」ものだそうである。
  • ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス』でのネオショッカーを含めると、死神博士はショッカーという名称を持つ組織の中で、ゲルショッカー以外の全ての組織に属したことがあることとなる。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:仮面ライダー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki