FANDOM


谷 千明(たに ちあき)は、「シンケンジャーの世界」の住人。

人物 編集

「木」のモヂカラを受け継いだ侍。シンケンジャーとして召還される前は普通の高校生。メンバーの中で特に現代っ子気質で、ゲームと買い食いを好む(ほとんどの場合ゲームセンターでプレイしているが、PSPやショドウフォンでゲームをしていたこともある)。父の蔵人からは志葉家への忠義やシンケンジャーに関する予備知識は最低限しか教わっていなかったため、「いずれ外道衆と戦うことになる」という意識は持っていたが「殿様と家臣」という主従関係を受け入れることが出来ず、修行も不真面目で他のメンバーの怒りを買っていた。だが、丈瑠の実力を目の当たりにして「いつか丈瑠を越える」という目標を抱くようになる。その後一人で特訓を重ね、彦馬のアドバイスによって自分らしい戦い方に目覚める。考え方を改めてからも丈瑠の名を呼び捨てにする姿勢は崩していないが、丈瑠に対する仲間意識は強く、薫との共闘にも真っ先に異議を申し立てた。メンバー中、人として戦士としての成長が最も顕著に描かれている。
モヂカラ500枚書き取りの課題に「五百枚」と書いて出したり、戦いにおいて敵の能力を逆手に取るなど、良くも悪くも発想の柔軟さはメンバーから一目置かれている。
槍を専用武器に持つためか、その戦闘スタイルはリーチを最大限に活かしたものとなっている。刀を片手のみで最大限長く持ち、連続して斬り払うという特徴的な攻撃方法をとる。
戦いの後、再び大学を受験し直すことになったようであり、丈瑠には「追い越すのは次に会った時だ」と言い残して去っていった。

脚注 編集

注釈 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki