FANDOM


テンプレート:Infobox character谷 源次郎(たに げんじろう)は仮面ライダーシリーズに登場する架空の人物。第2期仮面ライダーシリーズの重要なキャラクターの一人である。

テレビシリーズ編集

スカイライダー』から『仮面ライダースーパー1』まで登場。演じたのは、塚本信夫

シリーズによって以下のように職業・立場を変えながら、立花藤兵衛に代わり「2代目おやっさん」として歴代仮面ライダーおよびその戦いに協力した若者たちの後見人となり、彼らを物心両面から支えていた。

立花藤兵衛と同様にエンジニアとしての技術を持ち、喫茶店経営の傍らで洋のバイク(スカイターボ)を修理している。

スカイライダー編集

第14話より登場。喫茶店「ブランカ」のマスター。
家族をネオショッカーに殺された過去を持ち、「谷源次郎」と名乗る様になったのは家族を失って以降である為、以前の本名は語られていない。スカイライダー(筑波洋)は大学の先輩・後輩の仲である故に以前の本名を知っているが、谷の事情を察して以降は「先輩」とだけ呼んでいる。

仮面ライダースーパー1編集

「谷モーターショップ」経営者で、ジュニアライダー隊の後見人。
スーパー1(沖一也)は「親父さん」と呼んでいる。沖一也とは若い頃に一也の両親に世話になっている。

テレビシリーズ外伝 編集

仮面ライダーSPIRITS編集

第15話「流星の神話・前編」より登場。ジュニアライダー隊やチョロやハルミを率いて無茶をする姿は、変わっていない。本作では、立花藤兵衛とは新宿編で初めて出会ったような描写がなされている。

備考 編集

  • プロデューサーの平山亨の証言によれば、志度敬太郎博士役の田畑孝が出演できなくなったため「立花藤兵衛」を再登場させるため小林昭二に二度目のオファーをしたが小林はこれを拒否。代わりに小林が、新たなコーチ役として塚本信夫を推挙したことから誕生したキャラクターである。その為、立花藤兵衛とは面識があるという裏設定も存在する。
  • オープニングクレジットでは立花藤兵衛と同様に最後(「トメ」の位置)に紹介されている(但し、立花とは異なりゲストライダーが出演する際も必ず最後に紹介される)。

注釈 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。