FANDOM


Ryotaro

野上良太郎(のがみ りょうたろう)は、仮面ライダーシリーズに登場するキャラクター。

概要 編集

仮面ライダー電王』の主人公。1988年12月26日生まれの18歳→19歳。特異点の特性をハナに認められ電王となる。電王(プラット・ライナーフォーム以外)になって戦う際は憑依イマジンに戦闘を任せる。
気弱で揉めごとが嫌いで、喧嘩も弱く不運に見舞われやすく、予想外の出来事に遭遇するとたびたび気絶する。他人の幸せや不幸には人一倍敏感で、「他人を不幸から救いたい」という思いは強い。イマジンたちに大不評のクライマックスフォームをかっこいいと言ったり、ライナーフォームの必殺技に「電車斬り」と命名するなど、デザインやネーミングのセンスはかなり悪い。
両親は物心つく前に他界し、幼い頃は祖母の家で育てられた。愛理が記憶喪失した頃に高校を中退し、現在は彼女の経営する「ミルクディッパー」でアルバイトをしており、愛理目当ての客たちから弟のような扱いを受けている。移動の際は主に自転車を、イマジン憑依時や電王に変身しているときはマシンデンバードを使用する。
侑斗のことを当初は桜井とは別人であると考えるが、オーナーの推測を聞いたり内面や事情を知っていくうちに、同一人物と認めるようになる。実はゼロノスカードの効果により、愛理と桜井の子供に関する記憶を失っていた。

憑依 編集

劇中最多のイマジン憑依を受けており、メインイマジン4人、ジーク、デネブ、ゴーストイマジンの計7体に憑依され、その都度性格が七変化する。

M良太郎 編集

モモタロスが憑依した状態。赤いメッシュが入った逆立った髪と赤い瞳を持ち、筋肉質である。鉄の棒で地面のコンクリートを破壊するなど、人間離れした体力を発揮する。短気で猪突猛進のため、揉め事を力で解決しようしてかえって混乱を誘う。良太郎の意識がはっきりしている間は、憑依しても彼の意に沿わない行動は取れない。

U良太郎 編集

ウラタロスが憑依した状態。青いメッシュの入った七三分けの髪と青い瞳を持ち、眼鏡をかけている。口のうまさでイマジンと契約した人間から契約の内容を探る際などに重宝されるが、誰かと関わって面倒なことが起きると適当な嘘をついて誤魔化す。モモタロス同様、良太郎の意思に逆らえないが、良太郎の意識がないときは女性を口説いていることが多いらしく、実際に多くのガールフレンドがいる。また、その交際の広さから他人の弱みに関する情報をつかみ、利用することもある。

K良太郎 編集

キンタロスが憑依した状態。金色のメッシュが入った長髪を後ろに束ねた髪と金色の瞳を持ち、服装も和服を好む。身体能力もキンタロス並みに強化されるため、体当たりで建物の壁をぶち抜いたり、バスに追いつくようなスピードで走ることもできる。モモタロスやウラタロス同様、良太郎の意識がはっきりしている時は逆らえない。

R良太郎 編集

リュウタロスが憑依した状態。顔の左半分を覆う紫色のメッシュが入ったウェーブのかかった髪と紫色の瞳を持ち、紫の染みがついた茶色のキャップをかぶり首にヘッドホンをかけている(オープニングに登場するR良太郎はメッシュが入った前髪がストレート気味になっており、ヘッドホンもない)。歩き方は常にDJ風スタイルでステップを踏みながら軽やかに闊歩するような陽気なものに変化する。この時聴いている曲は主題歌「Climax Jump」をラップ調にアレンジした「Climax Jump Hip-Hop Version」、またはエンディングテーマの1つ「Double-Action Gun form」。遭遇した人間たちを洗脳して一緒にブレイクダンスなどを踊る「リュウタロスダンサーズ」として引き連れ、利用することがある。

W良太郎 編集

ジークが憑依した状態。白色のメッシュが入ったコーンロウに白色の瞳になる。また、首元にフェザーを装うこともある。
ジークの綴りは「Sieg」であるため、本来なら「S良太郎」だが、ドイツ語読みは馴染みがないため、W(ウイング)となっている[1]

D良太郎 編集

侑斗のいないパラレルワールドで、デネブが憑依した状態。姿はD侑斗と同様。良太郎の性格上、侑斗とは違い締め出されることはない。

G(A)良太郎 編集

ゴーストイマジンが憑依した状態。髪と瞳の色が金色になり、一部の髪の毛がメッシュが入ったようにゴーストイマジンを模したような緑色になる。通常のイマジンの生きている時間が異なるためか、良太郎は簡単にゴーストイマジンを追い出すことはできなかった。
表記が2パターン存在し、G(ゴースト)良太郎は『さらば電王』DC版のDATA FILEにおける表記、A(アナザー)良太郎は『さらば電王』通常版における表記である。

別の時代の野上良太郎 編集

西暦2000年の良太郎(小太郎) 編集

登場作品:『俺、誕生!』
2000年の世界の11歳の良太郎。青年姿の良太郎と区別するため、ハナによって“小”さい良“太郎”と命名された(ファイナルカット版では「モモタロスが命名」したことに変更され、モモタロスが命名する描写の追加と、江戸時代でハナが小太郎を命名したとするモモタロスの台詞が削除されている)。興味本位で良太郎一行とともにゼロライナーに乗り牙王達を追う。2007年の良太郎よりもしっかりしており、危機に陥った際にはモモタロスの憑依及び仮面ライダーミニ電王ソードフォームへの変身[2]を許諾するなど、勇敢な一面も持つ。

野上幸太郎の時代の良太郎 編集

登場作品:『さらば電王』
未来の良太郎で、幸太郎の名付け親。50年ほどの歳月と共に白髪になり杖を持ちように歩くようになった。幸太郎はあまり会ったことが無いと言ってることから幸太郎の両親とは別々に暮らしているらしい。

野上良太郎を演じた人物 編集

佐藤健
現代(19歳→20歳)の野上良太郎を演じた。
溝口琢矢
過去(2000年)の野上良太郎を演じた。
浅井忠雄
未来(野上幸太郎の時代(2058年?))の野上良太郎を演じた。

脚注 編集

  1. 『電王』の終点! - 仮面ライダー電王(東映公式)
  2. 全シリーズで、一時的でもライダーに変身した者の中では、実際に演じた役者の年齢においても最年少の部類に入る。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki