FANDOM


鋼鉄参謀(こうてつさんぼう)は、仮面ライダーシリーズに登場する戦士。

概要 編集

仮面ライダーストロンガー編集

第26-29話に登場。東欧の黄金魔人の子孫。鋼鉄の鎧を身にまとい、巨大な鉄球を振り回すデルザー軍団最初の刺客。卑劣な改造魔人が殆どの軍団内で、真正面からの堂々とした正攻法の戦いを尊ぶ武人。その為に荒ワシ師団長とは仲が悪い。かなりの怪力の持ち主でそのパワーはストロンガー以上。また電気技も跳ね返す。鉄球攻撃の際に「スティールッ(STEEL)!」といった独特の掛け声を発する。弱点は酸性物質。最期はストロンガーにケイトの酸性毒ガスを浴びせられて弱体化したところに電キックを受け、死亡。ストロンガーを最も苦しめた魔人の一人である。

仮面ライダーSPIRITS編集

荒ワシ師団長ドクターケイトドクロ少佐岩石男爵狼長官隊長ブランクと共に東京都に出現。重傷の1号ライダーに攻撃を仕掛けるが、2号ライダーが寸前で救出した為失敗に終わる。

鋼鉄参謀を演じた人物 編集

市川治

脚注 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki