FANDOM


霧島美穂(きりしま みほ)は、仮面ライダーシリーズに登場するキャラクター。

概要 編集

18歳。「作中唯一にしてシリーズ初の女性ライダー」である[1]。「霧島」は彼女が結婚詐欺をはたらく際に名乗った姓で、彼女自身の姓は明かされていない。
浅倉に姉を殺されており、遺体の冷凍保存にかかる費用を稼ぐべく結婚詐欺を働いていた。また、姉の殺害事件の裁判で弁護を行なったのが北岡であったことから北岡を恨んでいる。「浅倉への復讐・姉の蘇生のため」ライダーバトルに参戦、自らの手で王蛇に止めを刺すことで姉の敵を討つ。戦いの中で真司に好意を抱き、ライダーの戦いを止めようとも考え始めるが…。
TVSP版では変身後の姿のみ登場。劇場版とは違い、真司や蓮を他のライダーと共に襲う。

脚注 編集

  1. ただし、これ以前の作品に関しても、不完全かつ一瞬だけではあるが『仮面ライダーアギト』の沢木雪菜がアギトへ変身している。なので、雪菜が変身したアギトをカウントするのであれば彼女は二人目の女性ライダ-という事になる

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki