FANDOM


龍騎の世界は、『仮面ライダーバトル ガンバライド』関連作品に登場した世界の1つ。

概要 編集

  • 写真館の絵 - ミラーワールドの高層ビル街を飛ぶドラグレッダー
  • 士の役割 - 弁護士
作中のマスコミ社の名称は、大手の週刊誌「ATASHI(アタシ)ジャーナル」である(オリジナル作品では「ORE(オレ)ジャーナル」)。ライダーバトルの参加者として原典未登場の仮面ライダーアビスが登場。
オリジナル作品の仮面ライダーは13人だが、王蛇とリュウガはこの世界に存在していない為、記事にはアビスを除く11人で全員と書かれている[1]
本作品での「タイムベント」は、使用者をタイムスリップさせる。この時に鎌田と士の2人もタイムベントの流れに乗ってタイムスリップした。

ライダーバトル 編集

刑事事件の裁判制度に組み込まれており、検事、弁護士といった事件関係者が仮面ライダーに選ばれ、ライダーバトルに勝ち残ったライダーの主張が判決となる[2]。「ミラーワールドで倒されても死ぬことはない[3]」、「能力を裁判以外で使うと判決の権限を剥奪される」などのルールがあり、龍騎の世界の住人はこれを「最も公平な裁判」と評する(ただし仮面ライダーを取材するATASHIジャーナルの雑誌記事では問題点の指摘がされている[4])。

「龍騎の戦士」の住人 編集

辰巳 シンジ(たつみ - ) / 仮面ライダー龍騎
「ATASHIジャーナル」のカメラマン。桃井殺害事件の裁判でライダーに選ばれる。
羽黒 レン(はぐろ - ) / 仮面ライダーナイト
仮面ライダーについて調べているジャーナリスト。桃井殺害事件の裁判でライダーに選ばれる。
桃井 玲子(ももい れいこ)[5]
「ATASHIジャーナル」の編集長。人外の存在について調査を行っており、そこから鎌田の正体に感付いたために殺され、今回のライダー裁判の発端となった。

脚注 編集

  1. 参戦したアビスとディケイドを含めると、13人となる。
  2. この発想は本作品の企画会議中に出た「仮面ライダーで裁判員制度にしたらどうだろう」との冗談から取り入れられた。[1]
  3. 鎌田の発言より。
  4. 関連書籍で雑誌記事の内容が読める。
  5. オリジナル作品では桃井子という人物が登場。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki