FANDOM


Climax Jump」(クライマックス・ジャンプ)は、テレビ朝日系特撮テレビドラマ『仮面ライダー電王』のオープニングテーマである。

様々なアレンジバージョンがあり、番組内ではこの曲のHIP HOP Ver.やDark HIPHOP Ver.、さらに主要登場キャラクターの声を担当する声優4人が歌う「Climax Jump DEN-LINER form」も使用された。

Climax Jump 編集

テンプレート:Infobox Album

概要 編集

Climax Jump」(クライマックス・ジャンプ)は、2007年3月21日に発売された日本の歌手グループAAAのシングル。名義はAAA DEN-O form(トリプルエー でんおうフォーム)でのリリースである。

前作「Black&White」からシングルとしては約3ヶ月ぶりのリリースであり、『仮面ライダー電王』のオープニングテーマ(1月28日~10月28日、12月23日放送分)である。『仮面ライダー電王』初回放送日2007年1月28日に初披露された。シングルの2曲目以降は全て同曲のインストゥルメンタルとなっている。

「電車に乗って時間旅行する、おとぎ話がモチーフの仮面ライダー」という突き抜けたテーマに合わせて、ポップメジャーな曲調と、「雲を突き抜けたような新鮮な詩」(作曲者の鳴瀬シュウヘイ藤林聖子の詩を評した言葉)[1]によって、それまでの仮面ライダーシリーズの主題歌に見られるような外連味の強い曲調や歌詞とは一線を画した主題歌となっている。一方でより従来のライダーシリーズの主題歌に近いイメージの楽曲も検討されていたが、そちらは戦闘シーンにふさわしいアレンジを施された「Double-Action」となった。

CD売り上げは初登場5位(オリコン)と自己最高のチャート順位を記録した。また、発売2週目になっても好調な売り上げを記録し、チャート10位(オリコン)を記録。2週連続のTOP10入りは、AAA名義のCDシングルとしては初である。AAA名義の作品としては初の累積10万枚突破、ゴールドディスク獲得となり、仮面ライダー関連CDとしては最高位を記録。初動売り上げ枚数は「Justiφ's」(『仮面ライダー555』)や「ELEMENTS」(『仮面ライダー剣』の後期)に次いで3番目。

CDのジャケット・歌詞カードにはAAAメンバーの姿は一切写っていない。さらにAAAとしては初めて、プロモーション・ビデオを製作しなかった作品でもある。とはいえ、ライブ等では歌わないというわけでは無く、DVD作品「4th ATTACK at SHIBUYA-AX on 4th of April」「2nd Anniversary Live -5th ATTACK 070922- at 日本武道館」でこの曲が歌唱されている模様が収録されている。AAAは本作と同時に、ミニアルバム『alohAAA!』、シングル「いざゆけ若鷹軍団2007」、DVD『Channel@×AAA』の計4タイトルをリリースした。

収録曲 編集

  1. Climax Jump(作詞:藤林聖子/作曲:鳴瀬シュウヘイ/編曲:鳴瀬シュウヘイ
  2. Climax Jump power rock edit
  3. Climax Jump sweet ballad edit
  4. Climax Jump soul blues edit
  5. Climax Jump -instrumental-

テンプレート:AAA

Climax Jump DEN-LINER form 編集

テンプレート:Infobox Album

概要 編集

Climax Jump DEN-LINER form」(クライマックス・ジャンプ・デンライナー・フォーム)は、『電王』の主要登場イマジン(怪人)・モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスを担当する声優・関俊彦遊佐浩二てらそままさき鈴村健一が歌う「Climax Jump」のアレンジバージョンである。オリジナルと比較すると歌詞の一部がキャラクターの口調にあわせ変更されている他、クライマックスのサビの前に鈴村健一演じるリュウタロスのラップが挿入されている。2007年10月28日に東映公式HPにて製作発表され、『電王』11月11日 - 12月16日、2008年1月6日 - 1月13日放送分のオープニングテーマとなった。また後に製作された『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』でもオープニングテーマとして使用された。

通常バージョン以外にも、4体のイマジン全員によるものと、イマジンそれぞれのセリフバージョンも網羅している。さらに初回限定版としては仮面ライダー電王各フォームのジャケット4種類が発売され、それには特典として、ジャケットと同じイマジンに対応したRe-mixバージョンが収録されており、さらにジャケットの電王各フォームに対応した「イマジン3D変身カード」が封入されている。オリコンチャートではデイリーチャートで最高2位、ウィークリーチャートでも初登場2位という、仮面ライダー関連CDとしては最高位を記録。

また、『仮面ライダー電王 COMPLETE BOX』には、イマジン4体によるこの曲のプロモーションビデオが収録されている。

収録曲 編集

  1. Climax Jump DEN-LINER form (作詞:藤林聖子/作曲:鳴瀬シュウヘイ/編曲:LOVE+HATE
  2. Climax Jump DEN-LINER form モモ ウラ キン リュウ セリフ Ver.
  3. Climax Jump DEN-LINER form モモタロス セリフ Ver.
  4. Climax Jump DEN-LINER form ウラタロス セリフ Ver.
  5. Climax Jump DEN-LINER form キンタロス セリフ Ver.
  6. Climax Jump DEN-LINER form リュウタロス セリフVer.
  7. Climax Jump DEN-LINER form instrumental
  8. リミックス曲(初回限定版のみ)(のちにCOMPLETE CD-BOXのClimax-Discにも収録)
    • Climax Jump "俺、参上!" Sword Re-Mix
    • Climax Jump "僕に釣られてみる?" Rod Re-Mix
    • Climax Jump "泣けるでぇ!" Ax Re-Mix
    • Climax Jump "答えは聞いてない!" Gun Re-Mix

いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん!? 編集

テンプレート:Infobox Album

概要 編集

いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん!?』は「Climax Jump」のアレンジバージョン5曲+αで構成されたミニアルバムである。

電王劇場版第3作『さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』の主題歌であり、AAA DEN-O formが再び担当した「Climax Jump the Final」と、主要イマジン4人がそれぞれ歌うアレンジバージョンの計5曲が収録されている。

また付属DVDには4イマジンの歌うバージョンのミュージックビデオクリップが収録されている。

収録曲 編集

  1. Climax Jump the Final
  2. Climax Jump Sword form
  3. Climax Jump Rod form
  4. Climax Jump Ax form
  5. Climax Jump Gun form
  6. Climax Jump Sword form(モモタロスセリフVer.)
  7. Climax Jump Rod form(ウラタロスセリフVer.)
  8. Climax Jump Ax form(キンタロスセリフVer.)
  9. Climax Jump Gun form(リュウタロスセリフVer.)
  10. Climax Jump Piano form

超 Climax Jump 編集

テンプレート:Infobox Album

概要 編集

超 Climax Jump」は「Climax Jump」のアレンジバージョンで、3曲で構成されたミニアルバムである。

電王劇場版第4作『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』の主題歌である。今までの4体のイマジンにコハナ(演:松元環季)、ナオミ(演:秋山莉奈)、オーナー(演:石丸謙二郎)、幸太郎(演:桜田通)、テディ(声:小野大輔)を加えたユニット「DEN-O ALL STARS」が歌唱。従来の雰囲気とかけ離れたバラード調のメロディーである。なお、本作に収録されているセリフバージョンは、従来(「Double-Action」も含む)のような本編中の台詞の抜き出しではなく「この曲の収録現場での出来事」という設定になっている。

収録曲 編集

  1. 超 Climax Jump
  2. 超 Climax Jump ~PARTY MIX~
  3. 超 Climax Jump instrumental

Climax-Action ~the 電王 History~ 編集

テンプレート:Infobox Album

概要 編集

Climax-Action ~the 電王 History~』(クライマックスアクション ザでんおうヒストリー)は、今までの電王の楽曲(AAAやDEN-LINER formの「Climax Jump」や「Double-Action」各フォーム)で、アレンジされている楽曲。

映画『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ』の主題歌。

その他バージョン 編集

Climax Jump HIPHOP ver.
オリジナルをヒップホップ調にアレンジして作られた、R良太郎(リュウタロスに憑依された良太郎)が率いるブレイクダンスチーム「リュウタロスダンサーズ」のダンスミュージック。テレビシリーズ第13話以降ダンサーズ登場シーンなどでしばしば用いられたほか、劇場版第1作『俺、誕生!』でも女性タップダンスチームを率いてR良太郎が踊るシーンで挿入歌として用いられたり、『仮面ライダーディケイド』第14話でR士(リュウタロスに憑依された『ディケイド』の主人公・門矢士)の登場シーンに用いられたりするなどしている。
リュウタロスダンサーズがダンスバトルを繰り広げた際に、敵方のダンスチームの曲として低音・男声主体でアレンジされた "Climax Jump Dark HIPHOP ver." も用いられた。
Climax Jump pop'n form
コナミデジタルエンタテインメント音楽ゲームpop'n music 16 PARTY♪』(アーケード、2008年稼動)に収録された楽曲。ジャンル名表記はそのまま「CLIMAX JUMP」、アーティスト名は作曲者の「鳴瀬シュウヘイ」名義になっている。このバージョンは、ゲームのために作曲者の鳴瀬自身が新たにアレンジを施したもので、歌唱はAAAや原作の声優ではなく、鳴瀬本人を含めた数名が歌っている。
このバージョンは、2008年8月29日に発売された同作のサウンドトラック『pop'n music 16 PARTY♪ original soundtrack』へ収録された。また、2010年1月28日に発売されたWii用ゲームソフト『ダンスダンスレボリューション ミュージックフィット』にも、プレイ楽曲のひとつとしてこのバージョンが収録されている。
Climax Jump For U

脚注 編集

  1. 「DEN-O SOUND REVIEW/CD GUIDE 電王サウンド、その魅力と状況」『DEN-O PERSPECTIVE』pp.154-155。

参考文献 編集

  • 『DEN-O PERSPECTIVE 仮面ライダー電王公式読本』ミリオン出版、2008。 ISBN 978-4-8130-6206-6
  • 『仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX』のアルバムノーツ、avex mode、2008。AVCA-26695~9/B

関連項目 編集

  • Double-Action - 電王のエンディングテーマ。この曲と同様に様々なアレンジが制作された。
Rider-mark この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はClimax Jumpにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki