FANDOM


GENERATION-3 eXtensionは、仮面ライダーシリーズに登場する戦士。通称、「仮面ライダーG3-X

各作品での設定 編集

G3の強化型。基本カラーは

仮面ライダーアギト編集

主な装着員は、氷川誠。他に北條透、津上翔一が装着している。理想的な動きを装着員に促すAIを搭載している。当初は完璧さを追求するあまり、AIの指示に同調出来ない者には全く使いこなせず、AI自身が些細な事で過剰な反応や敵意を持った上、主導権を装着者から奪って暴走してしまい、敵ではない者を攻撃してしまうことや、装着者自身も重傷を負うという欠点があった(大袈裟に言えば、装着者の意思で確実な戦闘を行うには自分自身を「無我の境地」に至らしめる必要がある)。その欠点は後に城北大学の高村光介教授が開発した制御チップの導入で解消された。G3にはなかったオートフィット機能(G3は装着者が変わる度に改修を行う必要があったが、これを即時に行う)が実装され、装着の汎用性も改善されている。本体の戦闘能力も大幅に向上、特に各種重火器を用いた攻撃力は絶大で、GX-05の連射及びGXランチャーによって、多くのアンノウンを倒している。AIが暴走した際はグランドフォームのアギトと互角の力を持つなど、格闘面も強化された。また、ベルトのバックルはバッテリーの容量増加に伴い、バッテリーメーターのふり幅が調節された。
なお、「てれびくんデラックス愛蔵版 仮面ライダーアギト超全集 上巻(小学館)」によると、顔のパーツのうち、目の部分が「レッドアイザー」、口もとの部分がパーフェクターと名づけられている。これらは仮面ライダーXの変身アイテムと同じ名称である。

脚注 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki