FANDOM


GENERATION-4は、仮面ライダーシリーズに登場する戦士。通称、正式名称、「第四世代型・対未確認生命体強化外骨格及び強化外筋システム(GENERATION-4)」。通称、「仮面ライダーG4」「G4システム」。

各作品での設定 編集

外見はG3-Xに似ているが頭部アンテナは角状になり、眼の色は青、ボディは黒。また若干細身である。ヘリコプターで現場に向かうためバイクには乗っていない。

仮面ライダーアギト PROJECT G4編集

警視庁小沢澄子がG3-Xとともに設計していた対未確認生命体用強化服。その危険性故に設計段階で放棄されていたが、深海理沙が警視庁から同システムの設計図を奪取し、自衛隊で完成された。装着することで強力な戦闘能力(アギトでさえグランドフォームでは手も足も出ない)を発揮できる一方、装着員の意思や運動能力とは関係なく常にその状況において最善とされる動作を行うため、使用を続けると身体への負荷で装着員は死亡する(劇中、水城以前にも多数の装着者が死亡していたことが描写されている)。装着員の死亡後もAIにより行動可能(「装着者がスーツを操る」G3ユニットや「スーツと装着者が相互操作の関係にある」G3-Xユニットに対して、「スーツを動かすのに人体というパーツが必要」という従来とは逆の関係にある)。また超能力者の能力を用いたESPシステムとの連動で敵の攻撃を予測する事が可能(なお、負荷は超能力者にも及び、結果的に兵士よりも補充の難しい超能力者をも消耗品として扱うことになるため、このシステム自体に構想当初から欠陥があるとも言える)。

MASKED RIDER AGITΩ EDITION -PROJECT G1-編集

HERO SAGAにおける発言からか小沢が過去に製作したG4が警視庁の地下倉庫に保管されているらしい。深海理沙がそれを利用せずに設計図から新たにG4を作り上げたのは警視庁の保管庫の警備が厳重で持ち出す事が不可能だったからでもある。なおG4は戦いの後、警視庁によって回収され地下の保管庫に保存される筈だった。しかし小沢が過去に製作した特殊装甲強化服GENERATION1が盗まれる事件が起こった為にG3-Xの修理用にパーツを取られてしまっている(この、G4のパーツを使って一時的に修理されたG3-Xを「G4-X」と呼ぶ)。

機能 編集

  • 身長:198センチメートル
  • 体重:187キログラム
  • パンチ力:4トン
  • キック力:13トン

武装 編集

GM-01改四式
G3が使用しているGM-01の改良型。従来のGM-01はセミオート機構しか搭載していなかったがそれに対してこのGM-01改四式はフルオート射撃、つまり連射が可能。
多目的巡航ミサイルギガント
4基の小型ミサイルを発射する。

脚注 編集


関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki